敵はコロナではない

2021-04-14 | その他

「コロナ(騒動)の敵はデタラメ言い続けてきた専門家」小林よしのり氏×宮沢孝幸氏

「本当の敵はコロナ脳の一般の人たちじゃなくて、テレビを中心とするマスコミであり、デタラメを言い続けてきた専門家であり、それらに引っ張られて過剰な対策をやり続けている政府」
→これらの背後に外国勢力がいて操られています

「新聞で言うところの「両論併記」ではなく、片方の情報しか流さない」
→大本営発表ばかり、言論統制で危険。戦時中。

「番組に出るたびに抗議の電話がかかってきたり、ネットに書き込まれるんですね。「暴力団雇って殺す」という脅しの電話や、「何月何日12時にどこそこを爆破する」という爆破予告まであった。」
→正論が表に出ないようになっています

ーーーーーーーーーーーーーー
 
「正常な社会に戻すには真実を明かすこと」

 噓・詐欺、間違った対策をやめないかぎり永遠に収束しません。敵はウィルスではないのですから。
99%の日本人が567戦争を継続させる行動を取っています。
 動画2本どうぞ。

ーーーーーーー
 
「PCR・無症状感染・マスク・ロックダウン・変異種、決して信じては駄目」元ファイザー副社長マイケル・イードン博士
「経済を破壊し、社会を分断し、心理戦により人々を精神的に追い詰め、抑圧し、痛めつけた」
「我々は恐ろしいウィルスに攻撃されているのではない。
異常なまでに我々を攻撃しているのは政府を乗っ取った連中」
 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 
「ロックダウン(自粛)やマスクに根拠無し」
 
「日本は緊急事態ではない」
「時短・休業は効果が無い」
「感染感染って氣が狂っている。有り得ない」
「2時間マスクをしていると免疫力が落ちる」




情報操作による洗脳の手口 その2

2021-04-13 | その他

 9日の投稿に続き、テレビによる犯罪。
アメリカのグラフは一番上が300000人。
インドは100000人。
日本は8000人。
単位を合わせたら、日本のグラフはミミズが地を這っている状態=日本では567は一度も流行していない、ことがばれます。
 欧米は日本のような数字になることを目標にしている=収束です。
なぜ一度も流行していない日本で、緊急事態?まん延防止?マスク常用?遺伝子組み換えワ苦チン?
 日本より桁違いに死者が多いアメリカ・メジャーリーグの試合、観客マスクなどせず、密に座っています。皆が茶番だとわかっていれば、マスク警察など出てくるはずがありません。

 わざと単位を変えて、恐怖や危機を煽っています。国家反逆罪ではないですか?
マスメディアの情報は信じてはいけません。
 もう1年以上噓をつき続けているので、いい加減に裁かれないといけませんが、司法も上のほうはコントロールされていますからね。でも、訴えたり、抗議をしていく必要があるでしょう。
 政官財マスコミ専門家司法、権力・権威をすべて567戦争を仕掛けた外国勢力に掌握されているのですから、国民=あなたが目覚めて行動を変えるしか収束させる方法は無いのです。
 
ーーーーーーーーーーーーーーー

平田佳宏さんが以下のように私の9日の投稿を共有してくださいました。
 
「保坂浩輝さんのご指摘の通り、NHK をはじめ、マスメディアの嘘は目を覆わんばかりの酷さです。歴史的に見て、マスメディアというのは常に支配者側が使うもっとも強力な洗脳装置でした。
いい加減に 567 に関する嘘に氣づいてください。戦時中も「欲しがりません、勝つまでは」「お国のため」などと民衆が洗脳され続けていたこと、国が作り上げたその茶番にほとんどの人が隷従し、従わなかった人たちを「非国民」と呼んでいたことを思い出してください。今行われているのは形を変えた戦争なのです。
これだけ世界中が大騒ぎしている中、あなたは自分の目で 567 で倒れたり死んだ人を見たことがありますか?マスクやソーシャルディスタンス(この言葉を使うこと自体が屈辱的だけど)が感染予防になるというのなら、なぜいつまでもこの事態は続くのか、おかしいと思ったことはありませんか?567 はすべて嘘です。
論理的な裏付けがあって書いています。根拠のない感情的な反論は受け付けません。」








コロナを機に扇子を復活させて熱中症の死者を減らす

2021-04-12 | その他

 当店では、何年も前から「夏は必ず扇子持ちましょう。扇子を持たずに暑いと言うのは無しにしましょう」と言っていました。団扇や扇子というとても便利なモノがあるのに、エアコンをガンガンかける、という暮らし方は環境にも体にも良くないからです。
 昨年は例年より熱中症の死者が多く、マスクが原因で熱中症になり亡くなった方が多かったと推測できます。間違ったコロナ対策で死者が増えたのです。扇子で扇げば涼しくなるので、熱中症対策にもなり、話す時だけ扇子を口に当てれば(本当は不要ですが、しつこく言われた時などノーマスクを貫くため)マスク着用による健康被害もなくなり、コロナを機に全国民が扇子を持つと日本の伝統や物造りが守られ復活する、という利点もあり、一石三鳥!です。
 マスクを義務化したり強制して、熱中症の死者が出た時にはどう責任を取るのでしょうか?悪影響がとても大きい子ども達にマスクさせたり、ノーマスク(正しい対策をしている人)への強制(違法行為)や差別は絶対にいけません。
 日本の伝統的な暮らしをしていれば、肝心な免疫力が高く保たれますので、特別な対策は必要ないのですが、マスクをさせられるよりは扇子を使ったほうがずっと良い、ということです。
 もちろん普通の扇子(添付1枚目)も売っていますが、啓蒙のためにも特別な扇子(2枚目・印刷ではなく手書き!です)と、バッチ・絵馬も、無言で訴求できるので作ってみました。
欲しい方がいらしたら、購入していただくこともできます。
 そして花粉症など本当にマスクが必要な時は、危険なマスクではなく、安全で苦しくないマスクを選択することが必要です。
 今回は、ニュアンスが伝わるように動画
に初挑戦してみました。










戻る