買物は投票

2020-01-26 | 八方良しを目指して

 買物をするにあたって大事なのは、
1 どこで買うか(お金が国内で循環するかしないか、受け取った人・企業がどういうお金の使い方をするか)
2 何を買うか(本物か偽物か・日本製か外国製か・安全か危険性が高いか・環境に良いか悪いか、など)
です。

なぜなら、買うことで、その販売者や店・作り手を応援・支持することになるのと、その品物が社会に広まっていくからです。


 添加物の食品を買う人が多ければ、添加物の食品が多くなり(今がそうです)、無添加のものを買う人が多ければ無添加の食品が増えます。当然ですが、売れない物を作り続けることはできないからです。

 コンビニでパンを買う人が増えれば、コンビニが増えて、大手の製パン企業が儲けてそこで働く人が増え、街のパン屋さんは減ります。皆が街のパン屋さんで買えば、個人商店のパン屋さんが増えます。

 大企業のものを買えば、お金は地域から流出、外資系だらけの今は海外にお金が流出して、地域や日本=あなたは貧しくなります。今実際に起きていることです。
うちの店でお買物をされると、品物は日本製で、私は国内・地域内でお金が循環するようなお金の使い方をしていますので、お金は国外に流出しないので貧しくなりません。
逆に海外の低価格品を買えば、地域や日本を元氣を失い、あなたの収入は減っていきます。悪循環です。
誰にお金を渡すのか、ということ、渡した人・企業が、どういうお金の使い方をする人・企業なのか?ということも重要なのです。
 悪循環になるようなお金の使い方を多くの日本人がしている。まさに洗脳です。100円ショップなど低価格のものを買うことが、得であり賢い・節約だと思いこまされていますが、実は真逆なのです。
私の講演を聴くと、洗脳が解けますので、「日本製の本物を買おう・応援しよう・使おう、それにより日本が世界に誇るものづくりを次世代に繋いでいこう」という想いになってくださるのです。

 大企業は、昔と違い、株主=儲け、最優先の会社がほとんどですから、安全性や環境保護は二の次・三の次です。添加物だらけの食品、リニア推進などはその典型です。
だからこそ、大企業でないと作れないもの以外は、大企業が作る必要はないと思っています。パンは、個人商店で作れますし、チェーン店の高級食パンブーム?個人商店の食パンのほうが美味しくて適正価格で安全です。

お金の使い方を変える

2020-01-25 | 八方良しを目指して

 「日本がとんでもなくひどく厳しい状況なのはわかったけど何をすればいいかわからない」という声をよく聞きます。22日の記事で3つの方法を挙げました。
1 洗脳を解き、

  日々の選択(暮らし方)・買物(お金の使い方)を変える
2 真の独立を果たす
3 お金の発行の仕組みを変える

2と3は、政治の力も必要で、私達がすぐに日々実践できるのは1番ですね。
だから1番をやりましょう、と言い続けているのです。

 昨日書いたように、今の世の中はお金で動いている・形作られているので、お金の使い方を変えることで良い社会を創っていけます。この方法の良い点は
1 誰にでも=あなたもできる
2 日常的にしている買物で社会が変えられる(デモや署名など普段していない特別なことをしなくて良い)


今日はなんとか店に出ました

2020-01-24 | 店のこと

 昨日に続き体調が優れませんが、少し改善しましたので今日はマスクをして店に立ちました。明日もわかりませんが、たぶん明後日には回復すると思います。

戻る