都市封鎖や自粛は極めて有害

2020-06-05 | その他

 上記題名は、私がコロナ騒動が始まってから、ず~と言い続けてきたことです。

コロナ騒動はあまりに不自然で茶番であること
支配者の狙い
・人口削減
・中小・地方企業を潰し大企業の寡占を進める
・分断と対立させる
・ワクチンとクスリで莫大な利益をあげる
・超管理社会(キャッシュレス・ネット依存・マイクロチップなど)
が見えていたからです。
彼らが支配する、日本の中央メディアや政治家の言いなりになることは、まんまと狙いに嵌ることを意味します。

 なぜ、新型コロナの1000倍の感染者がでたインフルエンザでは何も騒がず、コロナでこれだけ騒ぐのか、それを読み解けないと適切な判断はできません。
 「インフルエンザのようにクスリやワクチンがないから」という方がいらっしゃいますが、インフルエンザワクチンを打った人ほどインフルエンザにかかる(毒を打ち込むので当然)、というのは公然の秘密ですし、免疫力・自然治癒力が低下していなければ(普通に暮らしていれば)、インフルエンザもコロナも寝ていれば治ります。
 「日本での新型コロナ感染者約1万6千人(そのうち日本人確定したのは6826人)」というのもミソですよ。感染者数で大騒ぎしていますが、日本人の割合、ずいぶん少ないですよね。
何度でも言いますが、敵はコロナではありません。

以下の記事、ご覧ください。
「最近の研究では、今回の新型コロナのための都市封鎖や自粛はほとんど意味がないどころか社会全体の影響を総合的に評価すると極めて有害であったとする報告書も出てきはじめています」

「日本国内の新型を含めたインフルエンザの感染者数は約1546万人に達した」

「アメリカ疾病予防管理センターCDCの発表では米国でも約6000万人が感染した新型インフルエンザが流行した最初の年の死者数は約60万人だった」

「新型コロナ感染者約1万6千人(そのうち日本人確定したのは6826人、残りは外国籍or国籍照会中)亡くなった人もインフルの方が圧倒的に多かった。
感染者数が1000分の1しかいない新型コロナでも政府の発表の仕方やマスコミの報道の仕方で人々を大きな恐怖に陥れられることが今回の件で証明されました。今回大々的に報じられたために政治家たちは感染者数と死者数を下げるだけで支持率が上がるという単純な図式にのって経済や本当の健康や人々の自由を犠牲にしてでも数字を下げることに専念した」

「今回のコロナでは世界各地では都市封鎖や外出自粛の影響で失業が増加、体調不良や体力低下の増加、精神病が増加、犯罪も増加、国によってはすでに自殺者も急増しています。」

「米国では500人を超える医師たちが大統領あてに「これ以上都市封鎖をすれば、死者は増加する」という主旨の手紙を送り、外出自粛の有害性を訴えました。」

「2009年の新型インフルエンザの時の方がはるかに甚大な被害にも関わらずどうして医療崩壊も経済崩壊も起きなかったと思いますか?冷静によく考えてみてください。」



根本的に間違った選択をさせられている

2020-06-04 | その他

 「自らの體(からだ)を信じず、自然界の素晴らしい仕組みに逆らい、自然を敵とみなし戦いを挑んでいる」
のが、現代西洋医学とそれを盲従している日本です。

 新型コロナの対策・対応だけではなく、今の日本の常識は医療以外でもすべてが根本的に間違っていると言っても過言ではないと思います。
 その間違った常識は、利権や儲けのために創作され学校教育とマスメディアによって流布=洗脳されます。今は、ワクチンとクスリを待望する人が圧倒的多数のようですが、近年のワクチンとクスリは、患者・私達のためではなく、販売する企業の儲けのために作られている、というのが本質であり、その儲けのための茶番=コロナ劇場です。

 考えてみてください。この騒動は世界中で起こされたので、世界中の人が使わせることが可能で、桁違いの莫大な利益があがります。

 「宝は足元に在る」

 私達は免疫力・自然治癒力という「宝」を最初から持っているのに、それを低下させるようなこと(添加物・化学物質・農薬・ワクチンの摂取など)を自らお金を払って行うことで病氣を自ら招き、さらに使わないほうが良いクスリを摂取したり、免疫力を低下させるような治療法を選択するという、選択ミスの連続をしていますので、クスリ漬けになったり、命を落としたり(うちの父親がそうでした)、悪循環になるのは当たり前です。

 多くの人が、どれだけ自分が素晴らしい仕組みの體(からだ)を授かっているかに氣付かず、感謝せず、自分の體(からだ)の力を信じられなくなって、ワクチンやクスリに依存しようとしています。本末転倒とはこのことです。

 これは、医療だけではなく農業や土木など、すべての分野に言えることで、「自然」がどれほど素晴らしく有難い仕組みであるか、を知らされていませんし、日本の先人=ご先祖様は、その「自然」を活かす智慧や工夫(例 枇杷の葉自然療法・刀鍛冶など)が世界一だった、ということも多くの人が知りません。

 すべての分野で根本的に間違った選択=自然界の素晴らしい仕組みに逆らうこと、を「良い選択だと思い込まされ」、させられています。現場の方は、上から間違った方針を強制され、振り回されたり、板ばさみで大変な思いをされている方も多いと思います。

 新型コロナで言えば、
「感染しないこと」よりも「びくびくしないことや感染しても大丈夫な體づくり」のほうが大事なのに、感染者数が増えると悪いことのように報道していますし、西田聡先生が仰るように、
「ウィルスがこの世から消滅することなど絶対にありえないのに(消滅するとこの世界自体が成り立たなくなる)、それに気づかない大人が多いことこそ恐ろしい」と思います。

 医学部での間違った教育により、本来やらないほうがよい治療法(ウイルスの増殖を助ける)を良い方法だと思い込み、新型コロナに対しても行なっているから世界で死者が増えているのだと思います。
癌の場合も、癌ではなく、抗がん剤=治療によって免疫力・自然治癒力が低下し、死期を早めている例は枚挙にいとまがないでしょう。そもそも、「癌もどき」を癌と診断され、危険な治療に誘導されてしまう人もいるようです。

 本当のことを教えない、本物に触れさせない、ことが多国籍企業・国際金融資本・支配者の儲けの源泉になっているのです。
 私達はそれを見抜いて日々の選択や行動をする必要なありますが、新型コロナに対する対応も、恐怖を煽られて、まんまと罠に嵌っているのが現状です。

以下、素晴らしい記事をご紹介します。

「自己治癒力は人智を遥かに超えた素晴らしいシステムです。
それを私たちすべての人が持っているものです。
薬であれ、手術であれ、どんな方法を使ったとしても
すべての病気はこのシステムが治していきます。
風邪の病原体であるウイルスを消す薬など存在しないのです。
服用する薬の生体内での反応がどれほど
生体の正常な活動を妨げてしまうか
全く無視して使っているのが現状
解熱剤は発熱などのウイルスの増殖を阻止して排除する免疫機能を阻害してしまうために
有害であるとの認識が一般的になりつつあります。
ここまでわかっているにも関わらずいまだに新型コロナでもウイルスの増殖を助けるために解熱剤が
当たり前のように使われています
特定の解熱剤を飲んだために新型コロナが重症化したケースが相次ぎました。
今の医療では発熱する治癒力のある患者に対してさえ
解熱剤を投与してウイルスの増殖を奨励してしまうという
矛盾のある治療を行っています
治癒に最も重要な免疫システムを妨害しているのです。
私たちはいつまで自分の持つ自己治癒力を無視するつもりでしょうか?
いつまで自然界の素晴らしい仕組みに逆らうつもりでしょうか?
なぜ自己治癒力を尊重する治療法がいくつもあるのに
全く無視されているのでしょうか?
人の救命を考える時にどうして利益システムが絡んでくるのでしょうか?
伝統医療やホメオパシーのように
生体の免疫システムを妨害しない良い治療法もありながら
インドやキューバなど一部の国を除いて徹底して無視する理由はなんでしょうか?
ウイルスや菌を死滅させる方法ばかり考えて
攻撃するよりも自己治癒力を最大限に引き出す方法に
人々を導かない医学が主流なのはなぜでしょう?
1918~1919年に世界的大流行した新型インフルエンザであるスペイン風邪の時にも
米国では病院で治療した患者の死亡率は、30%
肺炎を合併した場合の死亡率は、60%
それに対して
ホメオパシーで治療した患者の死亡率は、1%
肺炎を合併した場合の死亡率は、2%
でした。
他の疫病でも同様です。
いつまで現代医療は生体の自己治癒力を潰し続ければ気が済むのでしょうか?
現代医療の病原体を攻撃するという姿勢、
自己治癒力の表れであるはずの症状を抑圧することだけが正当と見なす姿勢は
自然を敵とみなして戦いを挑むようなもの。
それは小さな波が大海に対して反抗しているようなものではないでしょうか。
私たちの身体は、自然界で作られ宇宙の法則によって機能しています。
それが真に理解できたのであれば
もっと自己治癒力を重要視した治療
肉体だけでなくエネルギーを含めた治療を大切にすべきだと思います。
人は自然から一歩離れてしまったために
多くの人はとても大切なことを忘れてしまった気がします。
この自粛の期間にもう一度本当に大切なこと
本当に必要なこと
本当にすべきことを
各々が自分の持つ「常識」の枠を外して内観してみませんか?」

【EVENT201】
ご参考までに動画をあげておきます。
「この動画は公式動画を元にEden Mediaが作成。非常にわかりやすくできていますので是非ご覧ください。
これは偶然なのか。まるで予告のようなパンデミックシュミレーションが2019.10.18にNYで開催されていた。
「次に起きるパンデミックはコロナウイルスによる」
これを想定して開催された『イベント201』は2019.10.18にニューヨークで、世界経済フォーラム、ビル&メリンダ・ゲイツ財団、ジョンズ・ホプキンス健康安全保障センターの共催で行われ、コロナウイルスは18カ月以内に6500万人の死者を出し、世界経済を大暴落に追い込んでいくというシミュレーションがなされていた。
これが新型コロナウイルス発生6週間前に開催されていたことが非常に興味深く、いままさにこの「Event201」で予測された通りの事態となっている。
また、このシュミレーションでの協議では個人間SNSでのデマ情報が最も重大とし、デマ情報を発信したTwitterやFacebookアカウントを停止すべきとしている。」


依存⇔自立 不自然⇔自然 仮想⇔生

2020-06-03 | ほさか式幸せ生活

 コロナ騒動以前からそうでしたが、コロナを利用して、さらに依存・不自然・仮想へと誘導されています。しかも一時的だったはずが、永続的に。
『コロナ後は「新しい生活様式」が当たり前になる』と受け入れようとしている方が多いようです。
 
ワクチン・クスリ・病院・テレビ・ネット(スマホ・LINE・ZOOMなど)・電化製品(=電氣)などに「依存」

人と離れろ、集まるな、ひきこもり(ステイホーム)、ビニールやアクリル板、フェイスシールド、1日中マスク、テイクアウトしたプラスティック容器をレンジでチン、などの「不自然」
 
ネット飲み会・ZOOMなど「仮想」の推進
 
 これらは、私達の健康や安全、幸福や人間らしい暮らしに繋がるのでしょうか?
 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

以下はオンライン茶会をされた前嶋康太郎様の記事です。
「オンラインで失われているものは何か?」
・におい、香り
・動き(行動、体験)
・音
・間
・リアクション
・稽古中の会話(みんなミュート)
・味覚(お菓子、お茶)
・視覚面積(見てるのは画面のみ)
・視覚クオリティ(不鮮明)
・参加者が何をしてるか不明
・光量
・空気、雰囲気、
・視線
「人の感動できるポイントが、ことごとく奪われている」
とのこと。
 当然ではありますが、「生」から「仮想」に変えることで、失っているものは少なくないということですね。
 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 次の例は、プラスティックや電子レンジへの依存・不自然。


「プラスチック製品が暖められると有毒な化学物質が発生し、様々な疾患を招く原因となる」
「赤ちゃんの玩具にはプラスチックは使わないほうが無難」

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 本当に命が大切なら、効果が疑問で弊害が大きく、おかしな不自然なコロナ対策をするよりも、優先して禁止したり規制を強化すべきもの(除草剤や添加物・トランス脂肪酸・ワクチン・抗がん剤・精神薬・ネオニコチノイド系農薬など)が山ほどあります。
 なぜこういう危険なものが野放しで、新型コロナだけ異様な対策、中央メディアは異常な取り上げ方をするのでしょうか?
 
 以下の動画を見ても、政官が私達の命や健康よりも利権や企業の利益を優先していることがわかります。その姿勢はずっと一貫しており、新型コロナ劇場を利用して、今後ワクチンとクスリが推奨されるのも同じ理由です。
「お茶の残留農薬基準を他国と比べてみた。これでは輸出できない」
 
 まだまだ理想には届かず、できていないところもたくさんありますが、私はずっと自立・自然・生(現場)を大切にする生き方を目指しています。
 昔から、テイクアウトよりも店内飲食をしています(コロナ騒動が起きてからも)し、うちの店にはビニールやアクリル板は設置しませんし、なめても安全なおもちゃや科学塗料を使わない器、無農薬無肥料のお茶をお勧めしていますし、ワクチンも打ちませんし、クスリも極力飲みません。
 完璧を目指すのではなく、できることから始めることが大切だと考えています。


戻る