イチロー選手の功績

2019-03-25 | その他

 世界一のホームラン記録を持つ王貞治さんは、「WBC(ワールドベースボールクラッシック)の時に、どうしてもメジャーの選手を過大評価してしまう傾向があるけれども、イチロー選手が「我々のほうが優れている面もある」と皆に話してくれて、リラックスできた」と仰っていました。これについては、松中信彦さんも第1回のWBCに出場した時に「イチローはチーム全体に対しても、積極的に自信を持てるような言葉をかけ続けていた」「どうしても自分たちはメジャーリーガーとなると凄いというイメージしかないけど、そこでイチローは『いやそれは違う』と。『日本人の方が能力は高いし、自信を持ってやればいい』『絶対大丈夫だ』と言っていた。」と述べています。イチロー選手の発言がWBC2連覇という結果をもたらしたことは間違いないでしょう。
 野茂投手がメジャーリーグに挑戦した時も、「メジャーでは通用しない」などさんざん叩かれました。野球に限らず、徹底して欧米に対してのコンプレックスを植え付けられているので、欧米・外国人は凄くて、日本は駄目・劣る、という考えが沁みついていますが、実際は逆であり、食にしても建築にしても工芸品・美術品でも日本のもの、日本古来のものほうが優れている点がたくさんあります。例えば、印象派は本来「ヤパン・インプレッション」(ヤパン=日本)であり、浮世絵に多大な影響を受けましたが、日本の学校ではそれを教えません。
 もうひとつ王さんは、イチロー選手について、「一人の人生がこれだけ多くの人に影響を与えることはない」と仰っています。本当にそのとおりで、稀有な存在だと思います。侍であり、職人でもあるイチロー選手の生き方・言葉からは学ぶべきことがたくさんあります。

イチロー選手の偉大さとその理由

2019-03-24 | その他

 昨日、イチロー選手引退について書き、私が大好きな言葉をご紹介しました。
 イチロー選手の偉大さは、野球という枠にとどまりません。
オリックス時代の同僚であった田口壮さんは「野球とベースボールの歴史の中で最も偉大な選手」と述べていましたし、米国では「生きる伝説」とも言われています。
マリナーズの英雄ケン・グリフィーJrさんは、「イチローのキャリアは桁はずれだった。米国のみならず日本でも垣根を超えるための努力と国同士を近づけた功績は素晴らしい」。さらに、ニューヨークタイムズは、「イチローは、ベーブ・ルースとエルビス・プレスリーとビル・ゲイツを一人にしたような人間」とまで書いています(ビル・ゲイツさんは違うと思うのですが)。
 その理由は、彼が残した輝かしい記録ももちろんですが、走攻守すべてにおいて最高のレベルであったこと、結果を残すための準備や訓練を高い意識で長い期間継続したこと、挑戦を続けたこと、道具を大切にしたこと、インタビューでの受け答えや発する言葉、生き方そのもの、すべてが尊敬に値するものだったからだと思います。

イチロー選手引退

2019-03-23 | その他

 3度の飯より野球が好きな野球少年だった私としては、非常に感慨深いです。
引退が平成最後の年というのも、1つの時代が終わるのだと感じます。

私の本でも紹介した、イチロー選手の大好きな言葉
《小さいことを重ねることが、
とんでもないところに行くただひとつの道》

本当に有難うございました。お疲れ様でした。
いつかお会いしてみたいです。


戻る