覚醒せず黙っていれば20年でも続く

2021-01-20 | その他

 権力者が自国民を殺してきたのは事実であり、私達は歴史から学ぶ必要があります。
総理大臣が担当大臣まで作って危険極まりないワ苦チンを推進するってどう考えてもおかしい(=殺しにしている証拠)ですね。政府は多国籍企業・資本家の言いなりであり、中央メディアも取り込まれて操作されており、信用したり、誘導されたり、従ってはいけないのは明白です。
 
 本来のジャーナリズムであれば、
「何でこんな危険なワ苦チンを税金を使って国民に打たせようとするのだ!」と追及しなければおかしいです。
今は間逆のことをやっています。

 欧州での異常な人権侵害・自由を奪う事態を見ると、黙っていればいずれ日本もそうなるのは目に見えています。日本は圧倒的に死者が少ないのに、です。少ないから多くしようと必死で数字を操作しています。
 欧州よりも締め付けがまだましな今のうちに茶番という認識、ワクチンは絶対に駄目という認識を広める必要があります。
 
 覚醒しなければ、茶番劇は何年でも続きます。死ぬまで何十年も増す苦をし続けるのですか?
だからこそ、毎日投稿を続けているのです。
 
 皆、意見が違うのは当然ですが、
1+1=3という明白な間違いを指摘せず、どんどん間違った方向に突き進むのを黙っているのは罪あり、不親切です。「2だよ」と正解を教えるのが愛であり、優しさであり、親切です。
 車の前に飛び出そうとしている子どもを見過ごしますか?「危ないよ」と注意して救うのが大人の役目・義務です。
 
 意見が違うことを「喧嘩」とか「対立」と見る人がいますが、そうじゃないと思います。
分断することが目的の1つですから、分断されないこと。
それには、意見が違っても相手を遠ざけない、相手から遠ざからないことです。
 意見が違う方とはネット上ではなく極力直接会って話すことが大事ですが、人と人を会わせないためにもコロナが利用されています。
 
やはり、「すべてが仕組まれている」のです。
 
ーーーーーーーーーーーーーーー

勇氣ある発信を続けてくださっている吉野医師の動画https://www.facebook.com/100012578978094/videos/pcb.1129299594165996/1129298954166060
 
ーーーーーーーーーーーーーーー
 
ドイツ在住の知人のメッセージ
「ドイツのバイエルン州だけ今日から粉塵作業用のマスクの着用が公共交通機関と唯一開いているスーパーで義務付けられました。
州知事は気狂いとしか思えません。
粉塵作業用ですよ。しかも義務付けしておいて、各自自費でかけずりマワって買いに行きました。
先週突如決まって今日から施行です。
着用してないのが警察にみつかれば当然罰金です。恐ろしい国です。
ナチス時代に逆戻りですね。
ちなみにロックダウン、店舗全閉鎖も未だに続いています。
大人一人とまでしか会うことが許されず、夜の外出は9時を1分でもすぎれば捕まって罰金500ユーロ(6万円)です。
学校も閉鎖したままでストレスが絶頂なのでせめて友人と月に1度でもいいから会ってお茶したいですがそれをする場所が開いてません。
欧州に見切りをつけて、少しでも自由な日本へ帰っていく在留邦人が後を絶ちません」
 





緊急事態宣言・自粛は効果無い上に自殺増加&経済・暮らし・日本を破壊

2021-01-19 | その他

 今夜は動画で復習。
PCRと、陽性=感染の発表・報道は諸悪の根源です。

 今までやってきた諸々の対策が効果が無く害のほうが大きくて間違っていることは、今の状況を見ればわかりますね。それをまた繰り返しているのですから、壊すためにやっているのです。
 
 吉村大阪府知事は、陽性=感染ではないことも自粛に効果が無いことも知っているのだから確信犯です。
 
「P◯◯検査を真剣に考えてみよう! 」
 
「陽性者と感染者は明らかに違う」吉村知事
 

「感染者数増は問題ではない」 危機は作られている

2021-01-19 | その他

 冬に風邪が流行るのは当たり前。当たり前のことを「緊急事態」と大騒ぎしているだけです。

 新井医師の以下のお言葉、とても重要です。
「『感染者数の増加は問題とする必要がない』という絶対的真実に国家として気づかなければならない」
 私は、「感染者数を問題にしている限り、収束することは無い」と言ってきましたが、逆の言い方ですね。
 
 日本では毎年約130万人亡くなっていて、先日投稿したとおり、昨年の1~10月の死者は約14000人減少しています。2度も緊急事態宣言を出すような状況ではないのは明白です。
 
 インフルの患者(陽性者でも感染者でもない)が1週間で200万人、累計1000万人いても何も騒がず・自粛も生活を変えることなく、医療崩壊もなく、普通に暮らしていたのです。
 
上記の数字を見れば、指定感染症から外せば感染者は今の50倍になっても問題ありません。
偽陽性ばかりのPCRを増やし、「陽性=感染ではない」ので、感染者も死者数も大幅に水増しされても今の数字ですから。「爆発的な感染拡大」「危機的状況」など真っ赤な噓です。

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

新井圭輔医師
「連日感染者が増加していくことを問題にしているようであるが、これは季節的要因で当たり前のこと。インフルエンザと致死率に大した差はないのである。冬になって、インフルエンザ患者が増加しても緊急事態との認識は持たないであろう。医療崩壊の解決策は、感染抑制ではなく、5類扱いにすればいいだけである」
 
「感染者をゼロにするのは無理」
 
「感染者が今の延長線上でどんなに増えても、超過死亡プラスとなる死者が出ないであろうことは容易に想像できる。従って、『感染者数の増加は問題とする必要がない』という絶対的真実に国家として気づかなければならない。『感染者が冬場に入って過去最高を更新しても緊急事態ではない』のである。」
 
「もし極めて危険なウィルス感染症が蔓延してきたとしたら、感染=死と恐れ、なんの指示を出さなくとも、全員が外出自粛を3週間ぐらい続けるはずである。外出制限を守らない人に制裁は不要である。
いまのように特に東アジアにおいては、毒性が強いと言えない感染症が蔓延するとき、司令塔の能力が低いと、有効性の低い強制的な自由の制限を押し付けてくる場合が想定できる。そこに罰則を認めてはいけない。つまらない指示を強制されることにつながっていくことに注意が必要だと思う。あくまでも超過死亡がマイナスである今回の新型コロナ感染症においては、いかなる私権(自由)の制限もこれを許してはならないのである。」
 
ーーーーーーーーーーーーーーーーー
 
アリーアリー様の記事
「テレビは一斉に医療崩壊だと騒ぎ立てます。危機的状況だと言います
しかし本当は日本の病院の病床数の1.8%しか埋まっていません
実は、指定感染症の指定(2類)を厚労省が外した瞬間にコロナは例年通りの風邪となり、全ての病院で受け容れ可能で
医療崩壊も緊急事態宣言も時短営業も自粛要請も何もかも消え去るのです
肺炎は日本人の死因の第4位か第5位です
高齢者が風邪をこじらせて肺炎で亡くなるから、常に死因の第4位か5位なのです
今回のコロナは実はウイルス順に並べると、最後肺炎で亡くなるウイルスのベスト8にも入っていません
厚労省が指定感染症の指定を外した瞬間に、テレビは何も報道することがなくなるのです
なぜなら、実際はコロナよりも肺炎球菌の方が怖いからです
皆んな、真実を知った方が良いです。もっと、生きる事に真剣になった方がいいです。
もっと、自分の人生を真剣に考えた方がいいと思います。分からなかったでは通らないのが世の中です。
本来なら致死率19%の肺炎球菌こそ取り上げて騒ぐべきです
厚労省が指定感染症の指定(2類)を外した瞬間に、致死率1%のベスト8にも入ってない風邪を報道出来る訳ないです
そもそもニュースにならない
なのに先月12月18日厚労省は、今回のコロナの指定感染症2類指定を更に1年間延長することを発表しました
指定感染症指定医療機関だけにコロナ感染者を詰め込んで
毎日、「感染拡大」「医療崩壊」の4文字でテレビが煽るから実際の現場(指定医療機関)はどうなってるかご存知ですか?
医療従事者が辞めていくのです
指定感染症指定医療機関で働いてると言うだけで
子供がイジメられる
保育園は受け入れ拒否
幼稚園、学校に来るなと言われる
バスの乗車拒否をされたり、スーパーにも行けないなど
指定医療機関で働いてる医療従事者の方々が、あらぬ差別を受けて肩身の狭い思いをして、働けなくなってるのが現状です
ただでさえ数少ない指定感染症指定医療機関だけにコロナ感染者を詰め込むので、皆さん病院に泊まり込みで休み無しのローテーションで激務をこなしていると言うのに、追い打ちをかけるように看護士が辞めていくのです
テレビが真実をありのままに伝えないからです
怖いのはコロナじゃない人災なんです
厚労省が指定感染症の指定(2類)を外せば、ドヤ顔知事達も出る幕はありません
時短要請も自粛要請も医療崩壊報道もすべてなくなります」
 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 私達にできること。
「コロナを指定感染症2類から外せ!」と政治家・厚労省に意見・電話しましょう。






戻る