新聞とラジオで紹介

2017-05-17 | メディア

 私がパネリストとして参加させていただく、
5月28日(日)「日本のインテリアを考える」 (会場:山梨県防災新館)が、いよいよ迫ってきました。
写真のように、昨日16日の山梨日日新聞で紹介されました。

今日17日にも
FM富士で11時30分頃~
YBSラジオで15時30分頃~
ご紹介いただけるようです。
(主催の中島さんが出演され、私は出演しません)

https://www.facebook.com/events/236059680193580/

澤山さん、上野さん、中島さんから、人生が変わっていくようなお話が聴けると思いますので、ぜひご参加ください。

懇親会は、澤山さんと直にお話できるという、超レアな機会です。

パネルディスカッションだけでも、懇親会とセットでもご都合に合わせて、お申込みできます。


「線香花火の会」を開催しました

2017-05-11 | 店のこと

 昨夜、和火師・佐々木さんによる「線香花火の会」を開催しました。
主催しておいて自分で言うのもなんですが、本当に素晴らしい機会でした。それは、佐々木さんと私達の先人が素晴らしいからです。どれだけ素晴らしいかは、参加なさらないとわからないでしょう。
私もそのお人柄や「志」に惚れ込んで、4年前から応援をさせていただいています。

 「傳統の価値」というのを今の日本人はほとんど知らない状態です。

それは、先人の知恵と工夫、これが最高だ、というところに辿り着くまでに、氣が遠くなるような試行錯誤を繰り返しているということです。現代人は、その恩恵をタダで受けていますが、それに氣付いていない人が多いのです。

 佐々木さんは、師匠がおらず、ゼロから線香花火作りを始めましたので、まさに先人がやってきたような膨大な試行錯誤をして、今の線香花火「結」ができたのです。その試行錯誤や苦労というのは、一般人には通常見せませんし、見ることもできないわけです。しかし、昨夜はその一端を特別に見せていただきました。

応援し始めて4年になりますが、私も「そこまで試行錯誤をしていたの!」ということを初めて知りました。
それを知れば、間違っても「高い」などという言葉は出てこないはずなのです。

 たかが線香花火、されど線香花火。

その奥の深さ、お話を聞かない限り、知る由もないでしょう。

 そして、制作体験も初めてさせていただき、線香花火作りやそれを職業としていくことがいかに難しい志事か、ということも実感しました。敢えて、その道を選んだ佐々木さん、それを受け入れた奥様に拍手です。

 何よりご参加いただいた皆さんがとても喜び楽しんでくださったことが嬉しかったです。これは、また企画しないといけないな、と思いました。
 佐々木さんの線香花火「結」、ぜひ皆さんもやってみてください。

子ども達にも、本物の線香花火を体験させて、見せてあげてください。
ぜひ、まとまった数での引出物・記念品などにもお使いになってみてください。
まあ、もう市販の99%を占める中国製とは何もかもが違いますから。

 間違いなく言えることは、佐々木さんは「山梨の宝」である、ということです。将来は「魔法の箒」と同じように、佐々木さんの花火は日本中から注文が殺到するだろうと予想しています。

「佐々木厳・線香花火展」は、5月10~12日と6月21~24日、7月5~8日に開催です。

期間中にいらっしゃれない方は、お取置きもできますので、ご連絡ください。

 写真の右端が1,500円+税で、右から2番目の桐箱入りが3,500円+税です。桐箱入りは、左の2つの青か赤の包装をしたものをお渡ししますので、ご希望の色を仰ってください。


線香花火展と会が、YBSで紹介されます

2017-05-10 | メディア

 11日に山梨放送(テレビ)のYBSワイドニュース(18:15~の番組)の中で、放送される予定です。よろしければご覧になってください。

戻る