幸福への氣付き

2016-06-29 | ほさか式幸せ生活

 つくづく思うのですが、私たちは必要なものをすでに持っているのです。

幸せに暮らすことも
社会を良くしていく力も
病氣を治す力も
健康に生きる力も

ところが

事実や本質から目をそらされたり
嘘や偽情報に踊らされたり

で持っていないと思わされている。
持つ必要がないもの、持たないほうがいいもの、危険なもの、を持たされている。
買わされている。

それはとても巧妙で、さらに分断支配されているという意識を持たせない。

私たちは
「授かったものや与えられているものの価値、嘘や偽物」
にいつ氣付くのかが、問われている。試されている。

「依存から自立へ」

これが、すべてにおいての鍵だと思います。
逆に言えば、すべてにおいて分断され依存させるように仕組まれています。
選挙もその一つでしょう。

だから目指すところ=答えは簡単。

「繋がって自立する」

誰かになんとかしてもらおう、ではなく、「自分たちでやる」
当たり前のことですが、これが肝です。

何からやるか?
できることから、身近なところから、だと思います。できることは沢山あります。
身近なところという点は、ここ何年かの私の反省点でもあります。

最後は、重永 忠さんの言葉で締めたいと思います。
「半径1メートルの人に感謝し、その人たちを幸せにする。
身近な人も幸せにできない人が
社会を幸せにできるはずがありません」


電氣に頼らない暑さ対策 その6 火箸の風鈴

2016-06-25 | ほさか式幸せ生活

 鉄の風鈴と言えば南部鉄器が有名ですが、こちらは鍛冶屋さんの手造り品です。

 日本人は五感で涼を得てきましたが、この音色を聴くと涼しく感じます。

南部鉄器(鋳物)とは音色がまったく違います。
これほど違うのか、というほど違います
鉄を叩いて鍛えているため、不純物が抜けていくから、だそうです。
この音色の素晴らしさは、生で聴いていただくしかありません。
最近では、風鈴の音を「うるさい」と言う人がいる、という話を聞きますが、この音色は文句を言われないと思います。それほど素晴らしい音色です。

 このデザインは当店のオリジナルで、同じ物を他で買うことはできません。写真には写っていませんが、台もセットで購入することもでき、置き風鈴で使うことも可能です。

お中元にもお勧めです。

 風鈴は、他にもガラスや錫製のものも取り揃えています。


「5方良し」を目指します

2016-06-24 | その他

 「買物は投票」という言葉をご存知の方も多いと思いますが、
一人一人が、どこで何を買うか、どうお金を使うか、で社会は変わっていきます。先日の講演でお話したように、世の中は複雑だと考えがちですが、実際はとても単純(シンプル)です。

 過日、地域活性化について意見交換をしましたが、一番重要で簡単なのは、国内・地域からお金を逃がさないことだと思います。皆がそういうお金の使い方をす れば、パイが減らないわけですから、奪い合いではなく循環社会に近づきます。これが出来た上で色々な施策をすれば効果は倍増以上でしょうし、これが出来ていなければ、必ず負け組みがでてしまいます。
そして、日本には世界最高のものが沢山ありますので、その素晴らしさに私達が氣づき、その資源を生かしていけば、海外からの流入も増えますから、さらに活性化します。

 多国籍企業・外資系(皆が日本の企業だと思っている会社が外資系だったりします)・全国チェーン店でお金を使う(例・アマゾンで本を買うのはあらゆる意味で最悪です)、外国製のものを買う(100円ショップはほぼ外国製ですね)、クレジットカード払い、このような行動は、地域(地元)や日本からお金を流出させます。
こういう消費行動をしている方が多いから、今のような社会になっているわけで、逆に言えば、この多くの方が地元のお店でお金を使い、日本製のものを買い、現金で支払うようになれば、確実に効果があります

 今は、1%が99%を支配している社会です。
私達は「自分達が持っている力は小さい」「何をやっても変わらない」と思い込まされていますが、実はそうではありません。単純なことで、99%が動いたら変わらないはずがない、のです。何事も最初は一人からです。
恩師からの受け売りではありますが、
「他の人がやらなくても、せめて自分だけはやろう」
という精神で行動・実践することが大切だと思っています。

どれだけの割合の方が実践するか、がすべてです。
「自分一人がやってもね」という人が多ければ、変化は小さくなりますし、皆がやれば、劇的に変化します。もし、日本中で私のようなお金の使い方をすれば、日本の物造りは大活性化、間違いありません。海外に移転した物造りが日本に回帰してきます。そうすれば志事・求人も増えてきます。
完璧でなくていいのです。できることからやるだけで、変化は始まります

 最近も色々な方からお話を伺う機会がありましたが、日本の素晴らしい伝統が途絶えかかっている分野が多いのです。
先人たちが繋いできてくれたそれを我々の世代で途絶えさせたくありません

 日本全国、金太郎飴のようなマチではなく、個性豊かな家族経営や小さな物造りや店が増え、顔が見える関係で物やお金・情報が循環する社会、本物を次世代に繋いでいける社会、皆が好きなこと・得意なことをやって暮らしていける社会、を目指しています。
そうなれば、健康に暮らす、治安や子ども達の教育という面でも良い
と考えています。

 公私共に「5方良し」を目指し、これからも実践し続けます
5方→作り手・使い手・伝え手・地域・日本


人間にとって大切なこと

2016-06-23 | その他

 昨日、ある方から、子ども達の現状を伺った上で、
「子どもを塾にやるよりも子どもの食生活をきちんとすることが大事」
「コンビニやファーストフードの食材がどういう物なのか、親が知らないで平氣で子ども達に食べさせている」
「今の学校給食は、きちんとしている所もあるが、多くの所は問題あり」という話を伺いました。まったくそのとおりだと思い、お母さん達にこういう話を聞いていただきたいと思いました。

子どもにとって食生活がいかに大事なのかを親がわかっていない、ということなんですね。
塾に通わせるために働きに出て、時間がなくなり手料理をしなくなる、できあいのもの、という悪循環になり、勉強以前の問題で本末転倒の結果が実際に起こっているようです。

コンビニをなさっている方には申し訳ないですが、体の施術をなさっている女性の方も「コンビニ弁当を日常的に食べている人は、何をやっても良くならないので、食事指導も合わせておこなっている」と仰っていました。

善悪ではなく、まず事実を知ること、知らなければ適切な判断ができません。食だけではなく、すべての分野についてです。スポンサーに都合の悪いことは報道できない大メディアの情報を鵜呑みにするのは危険です。

冒頭の方は、私がいつも言っているのと同じこと
「何が本当で何がそうでないか、見極める力を養うのが大事。それには本物を知ったり、体験しないとわからない」とも仰っていました。

私は、人間は自分がしてもらったことを返していく、繋いでいくのが大事だと思っています。

育ててもらったから、育てる。
子どもの頃、手料理を食べさせてもらったから、自分の子どもにも同じようにする。

シンプルなことです。


ノグチさんの硝子展大好評開催中です。

2016-06-21 | 展示会

 先週の土曜日18日~始まりましたノグチさんの硝子展、女性にはアクセサリー(ネックレス・ペンダント・イヤリング・ピアス・帯留め)が大人気で、印象深いのはお求めになったお客様の笑顔です。
作品がとても綺麗なのはもちろんですが、とてもリーズナブルで、様々な形や色から選ぶのも楽しそうです。
 ノグチさんは、様々なメディアでも取り上げられている注目の作家さんで、ご自身も仰っているとおり、作品の値段はこれからは高くなっていくのは間違いありません。

ノグチさんの作品は、7月2日にテレビ朝日の番組「デザインコード」でも紹介される予定です。


イチロー選手の歴史的偉業

2016-06-17 | その他

 イチロー選手の4257安打
歴史的偉業ですね。おめでとうございます!私が生きているうちには、この記録は破られないでしょう。

イチロー選手は色々な言葉を残していますが、私が一番好きなのは、
『小さいことを積み重ねることが、とんでもないところへ行くただ一つの道』

私自身もここ数年、この言葉を身に染みて実感しています。
よく、彼を「天才」と言いますが、私は努力の人・抜かりなく準備をする人、だと思っています。

私は、「3度の飯より野球」という野球少年で、ノーヒットノーランを記録したりして、もちろんプロ野球選手になりたかったんですが、すごい差がつきました(笑)。WBC決勝・日韓戦でのセンター前決勝タイムリーは一生忘れません。野球のことであれ以上嬉しかったことはないです。あの場面で打てるというのは、「努力は人を裏切らない」ということ以外ないと思います。

 そして、今回の会見で印象深かったのは、
『僕は子供の頃から人に笑われてきたことを常に達成してきているという自負はあるので、例えば小学生の頃に毎日野球を練習して、近所の人から「あいつプロ野球選手にでもなるのか」っていつも笑われてた。だけど、悔しい思いもしましたけど、でもプロ野球選手になった。何年かやって、日本で首位打者も獲って、アメリカに行く時も「首位打者になってみたい」。そんな時も笑われた。でも、それも2回達成したりとか、常に人に笑われてきた悔しい歴史が僕の中にはある』

「やればできる」ということを体現しているのが、素晴らしいですね。

『いろんな数字を残した人、偉大な数字を残した人、たくさんいますけど、その人が偉大だとは限らないですよね。偉大な人間であるとは限らない。むしろ反対な方が多いケースがある、と僕は日米で思う。
~中略~
 だからちょっと狂気に満ちたところがないと、そういうことができない世界だと思うので、そんな人格者であったらできないっていうことも言えると思うんですよね。』

「人格者であったらできない」、これも深いですね(笑)。

この3年はレギュラーでなくなり、安打数のペースが落ちて昨年の打率は彼にとっては屈辱的な数字でした。
『まあいろいろありますよ。いろいろというのは大変便利な言葉で、便利に使ってますけど。ありますよ。要因は。ただ同じユニホームを着た人に、足を引っ張られないということは大きいですね。ほんとにいい仲間だと思います』

「出る杭は打たれる」という言葉がありますが、あることないこと言われたり、足を引っ張られる、打たれるようになって本物、それを乗り越えた時に見える景色があり、偉業に辿り着くのでしょうね。

次はメジャー3000本を楽しみに、私も、もっと打たれるように頑張ります(笑)。


初の6尺トリオ講演会

2016-06-16 | その他

 6月12日に初めて開催した、6尺トリオ講演会(3人とも180㎝以上)
「本物が日本を幸せにする」~この時代をどう生きるか~
で、岡本よりたかさん、西田聡先生と私も僭越ながら講師を務めさせていただきました。
素晴らしいお二人とご一緒させていただいたのは、身に余る光栄で、貴重な経験と新たな学びもいただきました。

 それぞれが農・整体・モノというまったく違う分野で志事をしながら、共通の認識や哲学をもっているところや、共に実体験を伴った話をさせていただき、3人の志事を生で見ていただいたのが、この講演会の特長だったと思います。現場に勝るものはありません。

 先程、岡本よりたかさんの新刊「野菜は小さいほうを選びなさい」をようやく読むことができたのですが、本の冒頭に私が講演会で話したことと同じことが書いてありました。

「世の中でよいと思われていること、正しいと思われていること、常識と思われていることのなかには、本来の姿とは真逆であることが多くあります」

これにどれだけの人が氣付き、行動や生活・選択・お金の使い方を変えていけるか?
それが、その人の人生・未来を決め、子孫にどんな未来を繋げるか、残していくかを形作ることになります。

本の最後のほうに
「地球の設計図に従うことが、人間が地球の寄生虫から、地球と共存する生命体に変われる唯一の方法」

とあります。

 今はどの分野においてもあまりにも不自然なことや偽物が多過ぎる。
地球の設計図を無視したり、逆らったりしているのです。
しかし、それが当たり前になってしまっている。
それこそが社会の諸問題になっていて、それが自然なもの、本物に置き換わっていけば、自ずと社会は良い方向へ向かっていく。そう思うのです。

本にある岡本さんのお言葉としては、
「植物も人も大切なのは根っこ。大事なのは目に見えない部分。心のあり方と信念。マイノリティでも信じたことを貫くことができる信念こそが大切」
「地球を汚さない、自分を偽らない、自然に抗わない」

そう思う人が増えて、一人一人の生き方(選択)が変われば、世界は変わっていきます。

食事も買物も日々の暮らしは選択の連続です。
その選択を一度見直してみる、
この講演会がそのきっかけとなれば幸いです。

ご参加いただいた皆様、主催の皆様、会場のキッチンオハナさん、本当に有難うございました。感謝です。お料理も本物で最高でした。

※岡本さんの本は、アマゾンではなく地元書店でお買い求めください。とても大切なことです。


ノグチ展オープニングパーティ初開催!

2016-06-11 | 展示会

 本日6月7日~16日は休業させていただきます。
ご迷惑をおかけしますが、よろしくお願いします。

6月18日(土)~7月3日(日)は、「ノグチミエコとFUSION FACTORY硝子展」を1階ショップにて開催します。

 ノグチさんの展示会は2年振り5回目です。
今回初めて、ノグチさんを囲んでのオープニングパーティを行ないます。
安全で美味しいオーガニックの夕食付で食事代の1,000円のみでご参加いただけます

6月18日(土)の夜7時~で10名様限定です。
肩肘張らずに食事を楽しみながら、ゆっくりお話できるまたとない機会です。
参加ご希望の方は、店頭かお電話にてお申込みください。定員になり次第、締切りとさせていただきます。


改めて感謝

2016-06-06 | 店のこと

 私達が働けども働けども、時間・精神・お金=生活にゆとりや余裕ができない根本原因の1つは、お金が地方から中央へ、中央から海外へ流失し続けている(バケツの底に穴があいている)からであり、それを防ぐ方法として、私がいつも言っている、「国内や地域で物やお金や情報を循環させていく」ということがあります。バケツの穴が塞がるようになれば、社会の諸問題の多くは自然に解消に向かうでしょう。だから、一人一人がそういうお金の使い方をするのがとても大切だと考えていて、公私共に実践し続けています。
 今の国や地方の行政の状態では、お金もある程度は必要ですから、現時点では、「お金のいらない社会」ではなく、「お金のことで困らない社会・コミュニティ」を創ることが重要だと考えています。今は、お金が目的となってしまっている企業や人が多くなったのと、その発行の仕組みに問題があり社会を歪ませていますが、本来、お金は交換の手段でしかなく、いただくことも払うことも悪いことではなく、循環のための潤滑油なのです。
 
「お金は天下のまわりもの」
この言葉を残してくれた昔の人は本当に凄いと思いますが、これはバケツの穴が塞がった状態で有効なのです。まわって戻ってくるなら、ケチる必要はなく、いくら払ってもいいわけですし「困った時はお互い様」という精神と信頼関係があり、助け合っていければ、そうそう将来が不安になることもないわけです。
 
 今日で2階のギャラリーの展示会が終了しましたが、前回と今回の展示会は特別なものでしたから、微力でも力を入れたつもりです。
 当店は、世界最高の日本のものを全国から選りすぐってご紹介し、日本を元氣にする、という理念で運営していて、47も都道府県はありますから山梨の工房や作家さんの展示会をする機会は少ないのですが、前回は北杜市の作家さんの展示会ということで、上記の「地域で循環」のまさに実践の機会でした。地元の宝であるすごい作家さんが、あまり知られておらず、多くの方が作品を生でご覧になったことがないのはとても勿体無いので、実験的に初めてポスターを作り、沢山の方々・お店にご協力をいただきました。
 
 そして、今回は「困った時はお互い様」、震災があった熊本のいぐさ農家さん・九州を応援、ということでテレビ・ラジオなどでも取り上げてくださったり、各所で通信を置いてくださったり、本当に有難く思っています。感謝です。

父の日ギフトお勧め品 その4 ツボ押し&肩叩き捧

2016-06-05 | お勧め

 4つ目のお勧め品は、ロングセラーの健康グッズ「ツボ押し&肩叩き捧」です。
欅(けやき)の木で作られていて、木を曲げたのではなく、幅の広い木から削りだしているので、とても贅沢な木の使い方です。
大きく分けて、使い方は3通り。

1 先端部分で肩甲骨の横のツボを簡単に押すことができます
 持ち手部分を持って、前に押すようにするのがコツです。とても気持ちがいいです。
2 捧のコブになっている部分で背骨の両脇のツボを押せます
 これがまた予想以上に氣持がいいのです。
3 1とは逆に持って、持ち手部分で肩、長さあるので背中も叩くことができます

 以前、マッサージチェアをお持ちのお客様がお試しになり、「こちらのほうがいい!」と即買いされていきました。
マッサージチェアと比較した場合

1 購入費が格安 20分の1くらいの価格
2 経済的 ランニングコスト0円
3 押す場所を自分で決められる
4 強さを自分で調節できる
5 エコ 電氣を使わない ・材料 ・製作工程
6 場所をとらない 部屋が狭く置けないということはありません
7 軽い 持ち運びも楽
8 機械と違い故障することがない

 プラスティック製の物と比べますと、手触りが良く、押した時の安定感・フィット感も違います。また、定期的にマッサージに行ったりするより経済的で、いつでも好きな時に使えます。今回は、父の日ギフトとしてお勧めしていますが、一家に1本あるとご家族でお使いになれて、とても便利です。
「家族で取り合いです」「これ以上の指圧捧は無い」「もう手放せません」などのご感想をいただいています。


父の日ギフトお勧め品 その3 下駄

2016-06-04 | お勧め

 父の日ギフトお勧め品の3つ目は「下駄」です。
こちらも超人気のロングセラーで、杉の木でできています(桐の下駄は女性用はありますが、男性用はお取り寄せになります)。
とにかく快適で、これを履いちゃうともう他の物を履く氣にならなくなります。実際に、私は冬以外はほとんどこればかりです。「その1」でお勧めした笹和紙の5本指靴下との組み合わせは最強ですし、素足でも氣持ちがいいです。
 軽くて、締め付けなし、蒸れない、涼しい、心地良い、冷えない、疲れにくい、汗をかいても貼り付かない、指の股も全然痛くなりません。ヨガの先生が「足が喜んでいる」「良い氣が足裏から入ってくる」などと絶賛してくださっています。女性用や子ども用もあります。お子さんにとっても踏ん張る力がついたり、大人も指を締め付けずに広げたり、指の股を刺激するのは、健康に良いといわれています。前回のつげのブラシもこの下駄も大分県で作っていますので、九州の応援をしながら、快適な毎日をお過ごしいただければ、と思います。


父の日ギフトお勧め品 その2 つげのブラシ

2016-06-03 | お勧め

 父の日ギフトお勧めの2番目は「つげのブラシ」です。
つげの櫛は色々な所で売られていますが、ブラシはなかなか売っていません。これが当店ロングセラーの大人気商品なのです。

 今はプラスティックのブラシを使う方が多いようですが、静電気が起きますので、毛が抜けて枝毛・切れ毛の原因にもなります。ご自分で髪を毎日痛めつけているのです。これ以外にも塩素たっぷりの水道水でシャワーをしたり、髪を染めたり、パーマをかけたり、界面活性剤入りのシャンプー、化学物質満載の整髪料など、髪に悪いことばかりなされば、髪が痛んだり抜けるのは当然のことですね。

 このつげのブラシに変えると、「本当に毛が抜けなくなってびっくりしました」「髪のつやが良くなりました」「マッサージみたいで氣持ちがいいですね」「とても氣に入っています」などのご感想をいただいています。
毛が抜けないのは、静電気がほとんど起きないからで、髪のつやが良くなるのは、ブラシの歯に世界最高品質の椿油(当店で販売しています)が3回染み込ませてあるからです。そして、ブラシの先端が頭皮に当たると氣持ちがいいだけではなく、マッサージ効果で血流がよくなりますから、また抜け毛が減るでしょうし、1枚の皮で繋がっているお顔の美容効果、これは専門家の方が仰っていました。

 このブラシを使うのは、男性の薄毛対策にも一番だと思いますので、父の日の贈り物にもお勧めです。そして、「女性の髪は命」とも言います。髪を美しく良い状態に保つ最もお安い方法だと思います。
髪に悪いこと(プラスティックのブラシ)を毎日何十年と続けるのと、髪に良いことを何十年と続けるのでは、ものすごい差となってきます。

 明日6月4日限定で、ブラシ制作の職人安藤氏が5年半振りに来店し、当日や今までにお買い上げの品に無料で名入れと簡単なお手入れもさせていただきます


万一、ブラシの歯の部分が折れた時も修理可能ですから、一生ではなく代々使えます
お手入れは、歯が汚れた時だけ椿油でしてください。やり方は難しくありませんが、店頭で説明させていただいているのと、お買い上げの方には説明書をお付けしています。
(効果には個人差があります)


写真は、私愛用の折畳みタイプです。


父の日ギフトお勧め品 その1 笹和紙の靴下・Tシャツ

2016-06-02 | お勧め

 今年の父の日は6月19日です。
当店は6月7~16日が休業でご迷惑をおかけしますが、今日~6月6日か6月17~19日にお求めいただけます。
よく聞くのが「父の日は毎年何をあげるか悩む」という声です。

 暑さ対策でご紹介した、国産いぐさのお昼寝マット・寝ござ・枕、扇子、ててて!TVで紹介された「水うちわ」以外にも、色々とお勧め品を取り揃えています。
初回は「笹和紙の靴下・Tシャツ」です。
うちの家族は、笹和紙シリーズをバスマットから帽子・衣類まで使いまくっていまして、笹和紙なしでは生活が成り立たないくらい(笑)ですが、とにかく素晴らしい素材です。
 笹和紙の特長
1 夏も快適、冬は温かい
2 天然で抗菌防臭
3 汗をかいても肌に張り付かない・冷えない
4 蒸れない・通気性が良い
5 さらさらの心地良い肌触り
6 洗濯機で洗えて丈夫

と良いこと尽くしです。


 男性用の靴下は普通の形と5本指タイプがあり、それぞれ大き目のサイズもございます(女性用は種類がたくさんあります)。この靴下を履いたら他のは履けなくなりました。
Tシャツもとても快適で、私は1年中手放せません。こんなに良い素材をまだ知らない方が多いのは、非常にもったいないです。自信をもってお勧めします。
(5日まで開催中の「小千谷の布展」でも、シャツ・ジャケットや作務衣など男性用の衣類をご紹介しています)



戻る