保坂紀夫・竹の作品展 2018 / 日本の匠と美展
2018年7月25日~826日 会場:保坂紀夫・竹の造形美術館 休業日は下記

 『保坂紀夫 竹の作品展2018』『日本の匠と美展』を7月25日~8月26日の会期で、北杜市大泉町の保坂紀夫・竹の造形美術館にて同時開催致します。
7月15日~9月20日まで甲府店は休業の予定
 この夏、保坂紀夫が亡くなってから初めて、竹の造形美術館を夏季限定営業で開館しますが、保坂紀夫の1周忌・新盆があり、休館日が会期中の月・火曜と8月1・13~16日となります。
 ご覧いただく方法や入館料については追ってお知らせします。

 「日本の匠と美展」は、竹の造形美術館内のショップスペースで世界最高のMade in Japanを展示販売します。 毎日を楽しく幸せに健康にエコに暮らすために、
革命的な家具・魔法の箒・錫(風鈴・盃・曲がる器など)・ つげのブラシ・銅(調理道具・湯沸・急須・茶筒など)・鉄(風鈴・蚊遣り・燭台など)・革(財布・リュック・ベルトなど)・漆器(箸・スプーン・お椀・皿・鉢・膳・重箱など)・こけ玉・ 国産いぐさ(置き畳・ラグ・お昼寝マット・枕など)・下駄・笹和紙(衣類・靴下・帽子など)・線香花火・奇跡のお茶・麻(ストール・帽子・日傘・暖簾・タペストリなど)・水うちわ・山葡萄のバッグ・ノグチミエコのガラス作品・曲げわっぱ(おひつ・弁当箱)・木の玩具・最高のご飯鍋・和の万華鏡・ショートニングや添加物不使用のお菓子など、
真の本物と出逢うことをお勧めします。

 こちらも「日本の宝」が集結した本当に価値がある展示会だと自負しています。近年、大人氣の品ばかりですので、品切れの際はお取り寄せに時間がかかる場合もございます。


会場
保坂紀夫・竹の造形美術館(日本の匠と美 ほさか 八ヶ岳店)
http://www.bambooart.jp/
〒409-1502 山梨県北杜市大泉町谷戸6727-1
TEL 0551-38-2211 / 070-5013-1934

中央道長坂IC・小淵沢ICより約12分
カーナビは違う場所を指示するものが多いようです


第13回 伝統の技と現代家具展
2018年9月21日(金)~27日(木)会期中無休
甲府店ギャラリーにて開催 全日職人在廊予定

 早いものでこの「革命的な家具」のご紹介を始めてからもう13年になりますが、微力なのでまだご存知ない方が多くいらっしゃいますし、写真をご覧になっただけでは凄さがまったくわかりません。

 直接椅子に座ったり、機能・品質共に世界最高の理想かつ夢のような「奇跡のベッド」に触れていただくと、一般的な木の家具との大きな違いを体感できます。さらに、あらゆることを考え尽くされた囲炉裏テーブルの機能や使い勝手の良さに皆さん驚かれ「もっと早く知っていれば」「もっと早くここに来れば良かった」と一様に仰っいます。
 一般的な木の家具は、硬くて重く、冬冷たい物が多いのですが、こちらは「軽い・痛くない・温かい」です。この「心地良さ・快適さ・軽さ」がどれ程かは、実際に触れていただかないと絶対にわかりません。「人は未体験ことを正しく想像できない」からです。
 それから500年の傳統を誇る桐箪笥(たんす)。日本の宝と言えますが、最近は漆器と同様に見えないところでごまかしたりしている物があります。毎日何十年と使うテーブル・椅子・ベッド・箪笥は最も重要ですし、本物を購入しておけば子孫に貴重な財産として残すことができます
 階段箪笥神棚なども展示していただけるようにお願いしてあります。「本物との出逢いで人生が変わる」ですから、ぜひこの機会に直接触れてみることをお勧め致します。
今年は、毎日職人が在廊する予定でオーダー家具の注文も承れます。

テーブル・椅子・究極のベッド・桐たんす・ベンチ・仏壇・厨子(ミニ仏壇)・神棚 など




戻る