第9回 魔法の箒展
2018年10月12日(金)~20日(日) 会期中15日(月)のみ休業
職人在廊予定日 10月12~14日

 9回目の開催となる魔法の箒展」のご案内をさせていただきます。
 4年前にビートたけしさんの番組で紹介され、制作が追いつかない状態になった超人気商品です。さらに3年前に所ジョージさんの番組で全国放送され、またも注文が殺到。3年待ちとなり、当店で毎年開催していた展示会がこの2年開催できず、3年振りの開催となります。
 商品は、大きく分けて、お部屋を掃除する長い箒と短い箒、もうひとつは和洋服刷毛(ミニ箒)です。番組では絨毯(じゅうたん)に猫や犬の毛をこすりつけて、ものすごくゆっくりと念入りに掃除機をかけた後に、魔法の箒で掃くと、ゴミがいっぱい出てきたのです。要するに掃除機より絨毯のゴミがとれるのです。なぜかというと世界で唯一、毛が縮れていて、先を切り揃えていない箒だからです。一般的な箒とはまったく違います。
 以下の
部屋を掃除をする「魔法の箒の30の嬉しいこと」は、(掃除機や一般的な箒との比較も入っています)

1 絨毯(じゅうたん)もはける

2 掃除機よりもゴミがとれる
3 角なども掃除しやすい
軽い
収納場所不要
排気なし
毛が抜けない・折れない
埃が舞わない
体が楽
10 コンセントにささなくてよい
11 家具を傷つけない
12 絨毯・畳を傷めない
13 音がしない=うるさくない
14 朝でも夜でも掃除できる
15 家族がテレビ・勉強・寝ていても掃除できる
16 作り方がエコ(無農薬自家栽培)
17 使う時もエコ
18 長年ゴミにならずエコ
19 ゴミになった時にも土に還る
20 とても便利
21 電気代0円
22 長年買い替え不要でランニングコストゼロなので掃除機よりも安い
23 掃除機の掃除をしなくてよい
24 掃除機のパック不要
25 箒の毛先を洗える
26 電気を使わないので脱原発に有効(掃除機は約原発2基分の電力を使用)
27 電力会社ではなく職人さんにお金を渡せる
28 掃除が楽しくなる
29 天井や階段掃除が楽(長い箒)
30 職人魂を感じることができ、感謝の氣持ちが生まれる

 次に和洋服刷毛は、スーツ・ジャケット・セーター・カシミヤ・ビロード・和服・お布団・車のシート・テーブルなど色々な使い道があり、一家に一本あるととても便利です。玄関に吊るしておくとご家族全員で使えて、花粉の時期は花粉を払ってから入ると良いです。
また、ペットを飼っている方は、特に必需品だと思います。こちらも人気の理由は

1 取れにくいゴミがとれる
2 衣類が新品によみがえる(セーターの色やビロードの光沢)
3 衣類を傷めない(ガムテープやコロコロと違って)
4 セーターに使うと毛玉防止の効果がある(毛玉取りではありません)

5 長年使えるので非常に安い

これ以外にも、上記に挙げた部屋掃除用の箒と共通の利点がたくさんあります。
 以前お買上いただいたお客様が、「あの時迷ったけど、本当に買って良かったです。お掃除が楽しくなりました」仰るためにわざわざご来店なさったことがとても印象に残っています。持つと職人魂を感じるのだと思いますが、「この箒を使うと心まで洗われるような氣がするんです」というご感想もいただいています。
他に、ちりとり・ミニ和洋服刷毛(携帯用・ご旅行などに)・パソコン用ミニ箒(キーボードに)もございます。
 掃除機とは違い、20~30年使えて、買い替え費用が長年かからず電気代ゼロですから経済的、収納場所も不要で軽く、騒音・排気なしで好きな時にお掃除ができて便利です。魔法の箒・和洋服刷毛は、自家栽培無農薬の草を使用しています。 作る時も使う時もエコで長年使える究極のエコ商品で、間違いなく日本が誇る世界最高の逸品です。普通の箒とはまったくの別物で、 毛も抜けません。
一人でも多くの方が、世界最高のMade in Japanの逸品をお使いになって、お金も節約しながら脱原発へ協力し、エコで安全で絨毯や畳・衣類を痛めず、楽しくお掃除・お手入れをしていただけたら、と思っています



 


第10回 タンニンなめし革のバッグ展
2018年11月7日(水)~11日(日) 会期中無休
会期中全日職人在廊予定 2階ギャラリー


 毎回大好評の「第10回 タンニンなめし革のバッグ展」を開催します。
詳細は後日掲載します。




干支「亥」展
2018年11月7日(水)~12月7日(金)  1階ショップ
会期中11月12・13・18~20・24~27日・12月2~4日は休業


 毎年恒例の干支の展示会を1階ショップにて開催します。
バッグ展と開始日は同じですが、終了日が異なります。会期中の休業日にはご注意ください。
 木目込・張子・陶器・布など置物や色紙・凧など様々な「亥」をご覧いただけます。
2019年が良い年となるよう、縁起物の干支を飾って新年を迎えましょう。


戻る