バケツの穴を塞ごう

2019-04-20 | 八方良しを目指して

 提案し続けているお金の使い方は、地域・国内でお金を循環させよう=バケツの穴を塞ごう、ということです。
 近年は、「地域活性化」が叫ばれていますが、お金が国内や地域から漏れ出ている状態=バケツに穴が開いた状態、でいくら上から水を注いでも徒労に終わります。だから、まず穴を塞ごうよ、ということです。穴が塞がれば、活性化策が効果をもたらします。順番を間違えては効果があがりません。
(つづく)

真面目に働く人が廃業する社会

2019-04-19 | 八方良しを目指して

 大変残念なことに、今の日本では、真面目に懸命に働く人が廃業に追い込まれることが後を絶ちません。私は目の当たりにしてきました。もちろん経営努力も必要ですが、このような社会はおかしくないでしょうか?私はおかしいと思いますし、なんとかしたいのです。
 理由はいくつかあり、1つは、私たちのお金の使い方が原因なのですが、この問題の根深さや深刻さを理解して、「明日は我が身」という危機感を持っている方は少ないように見受けられますので、訴え続けているのです。
ネットで買物をする人が多いのはその証拠です。
(つづく)


お金が戻ってくる使い方

2019-04-18 | 八方良しを目指して

 一昨日、書いたように簡単です。
 使ったお金が戻ってくるようにするには

1 地元資本のお店、個人商店でお金を使うこと
2 地元産や日本製のものを買うこと
 
 頭(帽子)から足先(靴下・下駄)までMade in Japanの私は、「せめて自分だけはやろう」と実践し続けています。
 ただ白状しますと、私も20代の時は今書いているようなことがわかっておらず、ユ〇クロで服を買っていました。もうずっと着ていませんが、いまだにフリースがあります(笑)。当時は出るお金は少ないのですが、戻ってきませんでしたからマイナス。今は出したお金が戻ってきます。
 「お金は天下のまわりもの」となる使い方が個人としても地域や日本にとっても大事なのですね。
(つづく)


戻る