本物を残し、次世代に繋ぎたい

2020-04-25 | 八方良しを目指して

 川田奥藤第二分店さん
が、4月18日~休業という話を17日の朝知って、慌てて17日の昼食をいただきにかけつけました。
アニキ(名取さん)の手打ち蕎麦、美味しかったです。職人魂を感じながらいただきました。当然ですが、コンビニのソバとはまったくの別物。職人技が詰まった本物で、これぞ「山梨の宝」です。
私の志事は、「本物を傳えること、次世代に繋ぐこと」ですから、公私問わず実践=コンビニではなく地元のお店で、を続けています。

 今の危機は、個人レベルで対応するのはかなり難しくて政治の出番です。こういうお店や従業員の方々の暮らしを守ること・困っている人に手を差し伸べることが政治・行政の役目ですが、あまりに遅い対応にすでに廃業・閉店に追い込まれたお店もあります。
 お店のお食事券も購入させていただきました。1万円ですが、500円券と1000円券で11000円分になっています。
前払い食事券は、使う時までは売上として計上されず、でもそのお金はすぐに経費に使えるので、お店の助けになると思います。「塵も積もれば山となる」で、アニキのお店を応援したい方にお勧めします。
他の飲食店の方も、発行されてはいかがでしょうか?

 アニキが持ってくださっているのは、アニキにもお使いいただいている「本物の木酢液」です。アルコールの手荒れで悩んでいた方々に大好評で、ものすごく喜んでいただいています。こちらも、アニキのお蕎麦同様、職人さんが驚くほどの手間をかけて作られたモノで、普通の木酢液とはまったくの別物ですが、アルコールより安いのです。
やはり、食もモノも
「本物は人を幸せにする」
間違いないです(マスクは和紙のマスクで快適です)。


日本は職人の国

2020-04-19 | 八方良しを目指して

 当店は伝統工芸品=職人さんが創ったものを長年ご紹介していますが、日本では大工さんも料理人も清掃する方も農家さんも整体師の方もこだわりを持ってその道を突き詰めている方々は、「私は職人だと思っています」と仰います。
「日本は職人の国」なんだな~、と思うわけです。

 なぜ私が職人さんの品々をお勧めし続けているかというと、
・職人さん自身・職人さんが産み出すものが「日本の宝」だから
・その宝を生活に取り入れた人=使い手が笑顔に幸せになるから
・一人一人が幸せになれば、幸福な社会を創れるから
・日本の宝を次世代に繋いでいきたいから
・健康や環境を守ることができるから
などです。

 ところが、日本はどの分野でも職人を減らし続けてきました。
大企業が効率よく楽に大きく儲けるためです。
飲食店でも、全国チェーン店が職人ではなくても料理が作れるようにして儲ける。
建築でも、大手が大工を育てずにプラモデルのようにあっという間に家を建てる。
→料理人が育たない。日本が世界に誇る宮大工さんが減っていく。
皆が楽して早く儲けようとする社会になっていく。

 この図式はものすごく簡単です。
大企業から、政治家は献金をうけ、マスメディアは広告料をもらい、官僚は天下りさせてもらう、だから大企業に有利な仕組みにどんどん変えていくのです。
政治資金規正法が2006年末に改悪され、株式を5年以上上場している外資50%超の企業の政治献金が合法化され、外資の支配が強まりました=売国政策。誰がやったんでしょう。小泉政権、自民・公明・民主です。
都市銀行や無印良品など日本の企業と思っている会社も実は外資、というのは以前も書いた通りです。

 私が大企業の物を買わない、大企業・ネットで物を買わないようにしているのは、私達の血と汗の結晶である富が海外へ流出し、日本の宝=職人・職人が産み出すもの、地元のお店が失われていくからです。
 今、チェーン店(ファーストフード・ほ〇とも〇と・小〇ずし)などが儲け、料理人が営む飲食店が存続の危機です。国が救わないなら県が救うべきで、スピードが肝心ですが、県知事さんはまだ何も決めていないようです。
自分たちでできることをして助け合うのも大事ですが、あるお店では9割減どころか「ほぼゼロ」と仰っていました。助け合えるレベルを超えていますので、大至急有効な補償をするように皆で声を挙げましょう。私は知っている県議さんに伝えました。

 コロナ騒動の1つの目的。
以下3月1日のフェイスブックに書いた通りですが、
個人事業・地元の店企業を潰して、大企業ばかりの日本にすること。予定通りですね。
だから、遅ければ潰れてしまうのに、すぐにきちんと補償しないのです。すべて辻褄が合います。

 私ができること、昨日ご紹介した写真の先払いチケットを買いました。地元の優れた料理人の方のお店を守りたいです。各自の飲食店さんが独自にお食事券を発行してもいいと思います。買います。
営業しているお店には食べに行きます。
これは2000円券が3枚ですが、1000円券のほうが使いやすいと思いました。


『「八方良し」を目指して』のご感想23 何を選ぶかを省みる機会

2020-03-28 | 八方良しを目指して

 『御本の中に日本の伝統や美について大和魂が感じられ、此方も日本人として潜在的に備わっているものがあるからでしょうか‥気分が上がりいつもより速く読み進める事が出来ました。
 銅の急須や前から聞いているつげのブラシも気になりました。 伝統の技は継承者が居なくなれば廃れてしまう事は本当に残念な事だなとかねてから思っていますが、職人の技と作品(に限らず食やお金の使い方も含め)を伝え広めていかれる保坂さんの活動は尊く素晴らしいものと感じます。
 特に女性は消費活動が好きな人が多いと思いますが、、私自身も手軽な物も手にする事がありますが、何を選ぶか、という事を改めて省みる機会となります。 有難うございました。』
(山梨県 H・H様)


戻る