日本人が日本のことを知らない 「ダンス」より「たんす」

2019-10-16 | 八方良しを目指して

 上記題名は、講演会でもお話することです。
「地元の人が地元の良さを知らない」のも日本の残念な特徴だと思います。
知らなければ、地元や日本に誇りを持てませんし、場所であれば、行くこともできませんし、モノであれば買うこともできません。

 あなたは、外国人に桐箪笥の素晴らしさをどのくらい語れますか?
英語ができるできないの前に、日本語で説明できなければ、英語ができても説明できません。間違いなく、日本人が世界に誇れる驚異的に素晴らしいものですが、悲しいことに、最近では「桐箪笥を見たことがない」という人までいます。
なぜ知らないのか?
教わっていないからですよね。
素晴らしさを知らなければ、買う人が減るのも当たり前です。

 ダンスを必修にしたり、英語を小学校から教える前に、日本のこと、地元のことをきちんと教えましょう。
「ダンス」より「たんす」です(笑)。
桐箪笥・畳・和服・尺八など日本の伝統の素晴らしさを学校できちんと教えてくれていれば、私が講演で話す必要もないですし、伝統に関わる志事につく人も増えるでしょう。そういう状況ですから、学校でも話す機会があればと思っていますが、今のところ学校からは1度もお呼びがかかりません(笑)。学校の先生も日本の伝統の価値や凄さ・素晴らしさをご存知の方が少ないので、傳える重要性・必要性を感じていないのでしょう。
要するに、思想・精神から食・モノまで徹底的に欧米化されてしまった、ということです。

 日本を日本でなくす政策、日本の良さを教えない政策は、日本を支配する外国勢力が彼らの都合の良いように日本を改変するために意図的に行なっており、知らず知らずのうちに皆(私も含め)洗脳されている、ということを知っておく必要があります。

 「日本人が日本のことを知らない」のは、とてももったいないので、傳え続けています。ある方からは、「保坂さんがなさっていることは、日本を救うお志事ですね」言われました。私の人生の目的は、「日本・山梨を元氣にする」=日本人(私達)が幸せに暮らせる社会=「八方良し」の社会を創ること、です。微力ですが、これからも続けていきます。


小さな奇跡 稚内でも「八方良し」を目指して

2019-10-12 | 八方良しを目指して

 9月1日だったと思います。
北海道稚内でスーパーを経営している方・福間さんから、突然電話がかかってきました。
当然、「なぜ日本最北端の稚内の方から電話が?」と思いました。
「保坂さんの本を読ませていただき、ぜひ店に伺いたいと思い連絡しました。休業期間中のようですがご都合はいかがですか?」とのことでした。
 稚内の方に来ていただくのに断るわけにいきません。数日後の休業日に店をご覧になり、色々とお話をしました。

 奇跡の物語は以下のような展開でした。

1 福間さんが、山梨県北杜市のスーパー「ひまわり市場」さんに視察にいらした時に、私の本『「八方良し」を目指して』を見かけた。

2 福間さんは、私のことをまったく知りませんし、私は有名人でもなく権威も肩書きもなく、本は3000円+消費税です。普通は買いませんね(笑)。でも、買ってくださった。

3 そして、読んでくださった。

4 わざわざ電話をかけて休業日に来てくださった。

5 品物のことだけではなく、経営のこと、今の日本・世界の状況などお話をしました。

6 「魔法の箒」など真の本物を色々とお求めになりました。

7 そして、なんと福間さんのお店「相沢食料百貨店」さん
https://www.facebook.com/AIZAWAFOOD/
で、「八方良し」を目指して、を販売していただいています!間違いなく日本最北端の私の本の販売店です。

まさか、稚内で私の本を販売していただけるとは夢にも思っていませんでした。

 この奇跡の始まりは、那波社長がひまわり市場さんに私の本を置いてくださったことです。これは小さなことかもしれませんが、那波社長のおかげで予想だにしない驚きの展開を体験させていただきました。そもそも、本屋さんでもないスーパーに、無名の人間の3000円の本を置いてくださるということが普通ではありません。
福間さんから「稚内でも講演をしてほしい」とお話をいただいていますので、すぐには行けませんが日本最北端での講演も実現するかもしれません。
那波社長、福間さんに大感謝です。

 清水の舞台から飛び降りる氣持ちで採算度外視、高額な費用がかかる本を創りましたが、こういうことがあると、やはり正解、本当に良かったと思います。
損得を超えてやるべきことはやる、という選択は時に必要だと思いますし、お金よりも大切なことがあります。
改めて、今日の時点で本を販売してくださっている所を以下にご紹介しておきます。
47都道府県すべてに販売してくださる所ができたらいいな~。

【「八方良し」を目指して 山梨・日本を元氣に! ~すべては知ることから始まる~ 販売場所 2019年10月12日現在】

山梨県
春光堂書店・朗月堂書店・日本の匠と美ほさか (甲府市)
さんさんサロン (南アルプス市)
七賢(くらブックス)・ひまわり市場 (北杜市)
増田珈琲(AGcafe韮崎店) (韮崎市)
無痛整体・温灸 日日庵 (山梨市)

長崎県
華宮夜海風 (鈴木茂生さん(ちゃまさん))

大阪府
心身楽々堂 (本の中に寄稿文を書いてくださった西田聡さん)


岐阜県
たねのがっこう (本の中に寄稿文を書いてくださった岡本よりたかさん)

長野県
宅配、移動販売の八百屋 たろう屋 (宮崎太郎さん)

北海道
相沢食料百貨店

※初の東京講演 [「八方良し」を目指して ~本物との出逢いで人生が変わる~](国分寺カフェスローさん)
http://www.hosaka-n.jp/art/5517.html


「伝統を超える」 堤卓也さん

2019-10-11 | 八方良しを目指して

 当店では、貴重な日本の漆を塗った品物をご紹介しています。
漆器はどこの家にもあったのに、今はまったくない家が増えました。
 私は、漆器を日本人が使わなくなったのは「日本人が日本のことを知らない」象徴的なことだと考えていますし、漆器作りには驚くほど素晴らしい「先人の知恵と工夫」が詰まっています。日本人=あなたが、漆器の素晴らしさを知って、使うようになれば、日本の伝統や文化に興味や誇りを持つ人が増える、日本の伝統文化復活のきっかけになる、と考えていますので、様々な素材をご紹介してるなかでも漆器への思い入れは強いです。

 私と同じように、日本漆を守るために志事をなさっている堤卓也さんに8月にお目にかかることができました。まさに「同志」にお会いでき、とても嬉しかったです。

堤さんが写真で手にしているスケートボードは、漆塗りです!
この発想が素晴らしいですね。
「漆×サーフィン」「漆×BMX」「漆×スケートボード」という3つのテーマで、漆の素材としての魅力発信や新たな価値観の創造を目的に「BEYOND TRADITION (伝統を超えて)」という企画をなさっています。

 色々とお話を伺いましたが、印象に残ったのは、
「漆器を洗って拭く時に、感性がくすぐられる」
「漆器を使わなくなると、モノを大切に使うとか次世代に繋ぐ、という日本人らしさが消えてしまう」
というお言葉です。

 
食洗機・乾燥機を使うと電氣に依存することになりますし、漆器を洗う時の肌触りの氣持ちよさや、使ってピカピカになっていく愉しみも体験できません。
一生モノではなく「代々モノ」で使える本物の漆器をこれからも広めていこうと改めて思った次第です。


戻る