「ならぬものはならぬ」と伝え、子ども達を守ろう

2022-08-09 | 社会評論

 国立病院機構仙台医療センターの西村秀一ウイルスセンター長は、「感染症の専門家といわれている人たちが誤ったことを言い続けていたのが問題」と仰いましたが、その理由は以前書いたように、間違いを言い続けるテレビに出てくる専門家は製薬企業からお金をもらっているという単純な仕組みと、「医療従事者ほど洗脳されている」(ご自身が医師で夫も医師の方より)ことも頭にいれておく必要があります。
 
下記の梅本さんの記事にあるように、多数の副作用で大問題になった子宮頸がん〇〇〇〇をテレビCMまで使い再び推奨し、男子まで接種させようということからも、政府が子ども達を守る氣がないどころか、殺そう傷つけようとしており、日本が多国籍企業・国際金融資本の支配下にあるのは明白です。
 
 
普遍的にやってはいけないことは、子どもを殺したり、傷つけたり、犠牲にしたり、虐待すること、洗脳すること。それを2年半もやり続けているのです。
私が2013~2015年に様々な講師の方をお招きしてほぼ毎月大人向けの講演会を主催していたのは、親・大人が本当のことを知らなければ、家族や子ども達を守れない時代になったから、騒動が始まった2年前から心を鬼にして様々なことを犠牲にして書き続けてきた目的の一番は、子ども達を守るためです。

 感染症学会が「普通の風邪」
https://agora-web.jp/archives/220805023123.html

と発表したにもかかわらず、多数の死者や後遺症、接種者からのシェディング被害など最悪の薬害事件となっており、私達国民の命や健康を奪っており即時中止すべき遺伝子組換え劇薬接種をなんと5~11才も努力義務とするという決定をしました。ついにここまできたか、という有り得ない「子ども達を殺そうとする狂氣の判断」であり、犯罪と言えるでしょう。抗議を殺到させ、子ども達を犠牲にするのは許されないこと、撤回するよう、伝える必要があります。

 もちろん「努力義務」は従わずとも罰則などはなく、従う必要はありません。従うことは、殺人や傷害の共犯者になることを意味します。

 甲子園でも高校球児や応援の生徒が、炎天下35度以上の屋外でマスクをさせられている異常事態(添付)。本当に可哀想です。高野連に、外すことを指導するように伝える必要があります。

 今、大人が動かなければ、子ども達の犠牲が増えるばかりです。
4回目接種を中止した病院も出てきました(添付)。当然のことでしょう。
今までの最悪の間違った対策を止める=「大転換の令和4年」が必要です。

ーーー

「感染対策が効いていない」(動画)
https://www.facebook.com/100026397336675/videos/3872922803019332


梅本様の記事
https://www.facebook.com/umemoto.kuniko/posts/pfbid02n2eHWUkdyEcEYN4h1CGLRWvu581kVtTiQy6LRDogMc4mJcYfoihFXCUV1d61nfGGl

「男子を定期接種の対象にしたいのね。
男子にも打たせて2価と4価の在庫処分を急がないと次に買わないといけない9価がまだかまだかと待っているからね。
子宮頸がん〇〇〇〇の副反応被害は女子だけの問題じゃなくなりますね。」












今日は母(前店主)・英美子の命日 / 9月17日(父・紀夫の命日)に追悼企画

2022-08-04 | 店のこと

 本日、8月4日は、現店主浩輝の母・英美子の6回目の命日です。先月7回忌を済ませ、今朝も墓参りに行ってきました。
 6年前の今日のことは、忘れることはできません。母は、なんの前触れも無く、突然、朝、亡くなっていました。人生でこれ以上衝撃的なことは無いと思います。
 父・紀夫は、その翌年2017年の9月17日に亡くなりました。

 当然ですが、両親なくしては私は存在せず、皆様にお会いすることもできませんでした。店を始めたのも両親ですし、店を継ぐことも本を出版したり講演会をすることもできませんでした。

改めて、産んでくれたこと、無償の愛で育ててくれたことに深く感謝をしています。

 両親が亡くなってから、人生も世の中も激動していますが、明日生きている保障はないので、後悔なきよう毎日を「心のままに」(自分の心に従って)過ごしています(20代の頃からそうですが)。
https://www.youtube.com/watch?v=oiQONwSNqXw
 そんな生き方をしていても、お付き合いくださるすべての皆様に感謝です。

 9月17日(土)は、父の5回目の命日という節目になりますので、保坂紀夫・竹の造形美術館にて、午後~音楽の演奏会などを含めた特別企画を予定しています。詳細が決まりましたら、お知らせします。
 竹の美術館での解説ツアーでお話しているとおり、父も母なくしては創作活動を長年続けることはできなかったと思います。

 今年の竹の美術館の開館期間は9月25日までです(事前予約制)。まだ、竹の美術館の解説ツアーにご参加いただいたことが無い方は、両親が揃っていたからこそできた世界的偉業を目に焼き付けにいらしてください。


コ口ナですべてが見えた 悪魔に従い協力するか、従わず子ども達・日本を守るか 自由を取り戻そう

2022-08-02 | 社会評論

 過日書いたように、今、コ口ナ以前からの毎年の夏風邪、RSウィルスやアデノウィルスにかかる方がいらっしゃいますが、検査を受けると風邪はほとんどコ口ナにされてしまします。
2年前から書いているように、マスク・接種を続ければ、それが原因で病人や死者が増えます(事実そうなっています)し、詐欺検査は受けないほうが良いです。
 マスク・接種をしない、伝統的な食生活をするなどの免疫力・自然治癒力を高く保つ生活をしていれば、風邪は西洋医学の薬など不要で水分を取り寝ていれば良くなります。大事なのは、日常生活(間違った対策に従わない)ということです。

 昨日、「マスク真理教を脱会しましょう」という記事を書きました。
マスクはもはや感染対策ではなくなっています。マスクをさせる理由が、「万一の時に関係者に迷惑がかかるので」「怖がる方がいますので」ということで目的が違っているのです。これは明らかにおかしいですね。
しかも、「お願い」と言いながら、お願いではない場合(強制や入店・入館・参加拒否、働けないなど=完全な憲法違反)が重大な問題です。

 逆効果の間違った健康に悪い対策をお願いされた時点で迷惑ですし、間違った情報を信じている人が怖がるから、という理由で、正しい行動をしている人が間違った人に合わせろ、というのは有り得ないことです。

万が一の迷惑をかけないためには、
・人に迷惑をかけても良い
・人を差別しても良い
・人が働いたり学んだり楽しむ機会を奪っても良い
・人権侵害をしても良い
・少数派を迫害しても良い

・子どもの健全な成長を阻害しても良い
・日本がどうなっても良い
・国の最高法規を犯しても良い
・コ口ナ戦争=第3次世界大戦を続ける

という状況です。とんでもなく恐ろしい社会です。昨日39.5度の甲府で屋外で増す苦をしている人を見ると、悪夢か映画であって欲しい、日本は終わっている、と思ってしまいますが、大人があきらめたら本当に終わりですから、子ども達のために、なにがなんでも異常な社会を終わらせないといけないから、令和2年から書き続けていますし、365日24時間ノーマスクを貫いています。

 大きな問題は、個人として、コ口ナは怖がるような感染症ではないとわかっている人、マスクはおかしいと思っている人が、「立場上」という理由でさせる側に回っていることです。善良な人が騒動を仕掛けた側(国際金融資本)の手下として動いているのですから。

「命が大切」「戦争反対」「戦時中のことを反省しろ」という人が、命を奪い、戦争を継続させ、ファシズムを行なっているのです。これは洗脳が原因です。
 個人的な考え・思いと真逆のことをやっている、やらされている人が多いので99%増す苦社会になっているのです。


自分の考えと真逆のことをやり続ける人生って、幸せなのでしょうか?
大人が子ども達を虐待・いじめ続けるって、許されるのでしょうか?

 日本がここまで子ども達を守ろうとする人が少ないとは思いませんでした。
コ口ナで、すべてが見えました。「世のため、人のため」と言いながら、やっていることは真逆。政治屋と一緒です。

 超異常な社会を終わらせるように行動する大人(現在1%)か、終わらせない行動をする大人(現在99%)か。
ひっくり返すには、検査・マスク・接種しない大人&これら3つをさせようとする人に異を唱える大人が増える、それしかありません。

 もう一刻の猶予もありません。今日からあなたが変われるか、行動するか、に子ども達・日本の将来はかかっています。
子ども達を救うには、大人が手本を見せる=増す苦をしない、ことです。
さあ、皆で自由を取り戻しましょう!
















戻る