対症療法から根本治癒へ

2022-05-21 | 社会評論

 前回の記事【支配の方法 「分断と対立」選挙もその手段】は、「選挙よりも私達の日常の選択のほうが大事」の1例で、政治家や政策が酷くても、私達が一致団結してNOと声を挙げ、拒否すれば、悲劇や悪循環は阻止できます。

 政治=生活ですから政治に関心を持つことはとても重要で、選挙も大切ですが、何年に一度しかありませんし、多分野の政策がすべて支持できる政党というのはまずありません(だから政党の応援に力を注ぐのではなく、個々の政策に対して是是非非であるべき。意思表示は投票でできる)し、日本は国際金融資本や多国籍企業など海外勢力の支配下にあり、総理大臣は課長のようなもので決定権はなく(遺伝子組換え生物兵器が推奨され、多数の死者・被害者が出ても中止されないのはその典型)、日本人のための政治が行なわれない仕組みになっています。日米合同委員会の存在さえ知らない国民が多数ですから、やられ放題です。


 そんな状態の中で、私は長年、どうしたら皆が幸せに生きられるか、地域や日本を元氣にできるか、ということを研究し続けてきました。辿り着いた一番効果的と考える答えを講演会でお伝えし、地元では様々な実践をしています。

 根本的な問題は、政治家とか政党ではなく、私達自身の日常、です。選挙で分断されている場合ではありません。
選挙で分断されている暇があったら、目の前の人を助けましょう。子どもに増す苦をさせるのをやめるために、あなた自身が具体的に動きましょう。 
 毎日は選択の連続。その選択のほうが選挙よりずっと重要です。私達の選択・行動により、どういう社会になるか決まるからです。あなたが増す苦をするから増す苦だらけの社会になる、それだけのことで、99%増す苦を終わらせたければ、どこに行ってもノー増す苦でいれば良いのです。
 接種するかどうか、増す苦を着けるかどうか、どこで何を買うか=「買物は選挙よりも大切な毎日できる投票」、です。


 私達の頭の中や選択・行動が変わるかどうかが最重要(=根本治癒に当たる)なので、そのための活動・講演・実践を続けています。










支配の方法 「分断と対立」 選挙もその手段

2022-05-20 | 社会評論

 以前から原発・基地など様々な問題で私達は分断されてきましたが、コ口ナでさらなる分断をされました。
当然、皆が幸せに生きれるようにする、地域や日本を良くするには、本来皆で力を合わせていくことが大切なのに、です。
 「世界は狂人に支配されている」というジョンレノンの言葉をご紹介してきました。狂人の支配・誘導・洗脳に対して、私達はNOを言わないといけないのに、彼らの狙い通りに、私達同士が対立・分断されています。
 何度も書いているように、接種や増す苦は私達の命や健康を奪い、賛否を巡って分断するために推奨されているのですから、私達が一致団結してNOと言い、拒否すべきものです。いくら政治家・行政・マスメディアが推奨しようが、義務ではないのですから、全国民で拒否すれば接種後死者はゼロで済んだのに、大多数が支配者の誘導に従った結果、最悪の薬害事件となり、とんでもない多くの方が亡くなりましたし、今後も亡くなるでしょう。

 これから参議院選挙がありますが、選挙も「分断と対立」のためにある、ということを頭に入れておくことが大切です。何党を支持するか、で力を合わせるべき人達が分断されている状況は支配者の思う壺です。










6月4日(土)コラボ講演会「命・健康・子ども・自由・人権を守るために」

2022-05-19 | 社会評論

 急遽、ノーマスク宣言で著名な広島県呉市の谷本誠一市議会議員と店主(社会評論・活動家)保坂浩輝のコラボ講演を甲府市で開催することになりました。(添付1枚目)

令和4年6月4日(土)甲府市
命・健康・子ども・自由・人権を守るために ~間違った対策からの大転換~
広島県呉市議会議員 谷本誠一氏x社会評論・活動家 保坂浩輝

 谷本議員が、4月に広島で開催した私の講演会を聴いてくださり、そのご縁で開催が決まりました。

 先日、東京都の飲食店への時短命令が「必要性が認められず」違法(添付2枚目)と判決が出たように、今は感染対策という名の「違憲・違法行為」がまん延しています。
 増す苦率70%なら、外す人も自然に増えていくでしょうから、「増す苦を外そう」と投稿する必要性は高くないでしょう。現状は99%=異常で人権が守られていない状態ですから、一昨年から異常事態を終わらせるために発信を続けてきたのです。

時短営業だけではなく、接種・増す苦・パーテーション・自粛・アルコール消毒・3密回避などの間違った感染対策はすべて必要性がなく、有害・危険です。

 増す苦の強要やノーマスクの人・検査・接種しない人への差別、要請に従わない店への差別、濃厚接触者という意味不明なレッテルを貼り行動を制限=人権侵害をするなど、すべて違憲・違法行為です。
違憲・違法行為に従ってはいけないのは当然で、違憲・違法な規則や方針には「おかしい」と声を挙げ、違憲・違法状態を解消し、正常な状態に戻す必要があります。

 異常な状態が続く原因は、異常なことに従ってしまうからです。
原因は私達自身にある、増す苦をする=子ども達を苦しめることに加担している、ということに氣付き、行動に移せるかどうかで私達の暮らしが変わります。
誰かになんとかしてもらう、とか、願う、祈る、指示待ちでは、社会は変わりません。

 私達が毎日どう過ごすのか?何を選択するのか?
それが一番重要なことです。

 自分や地域の子ども達を増す苦から解放し、接種を止めるために、大人が行動すること、声を挙げることが今、最優先でやるべきことだと思います。子ども達のためにも、大人が増す苦をしないこともとても重要です(化学物質過敏症など事情がある方を除き)。
日本国内では、どんな仕事・立場でも増す苦は義務ではなく、強制やしない人への差別、憲法に違反する規則を作ることはできません。








大転換の令和4年にするには、皆=あなたが黒から白になること

2022-05-13 | 社会評論

 私が、炎上しても、「怖い」「過激」と言われても、友達やお客様が減っても、一昨年から「殺しにきている」「原爆投下に匹敵」と書き続けてきたのは、従ってしまえば添付のようなことになるのがわかっていて、なんとしても阻止する必要があり、愛する日本や子ども達・知人・仲間を守りたかったからです。「反ワク」ではなく「反殺人」です。
増す苦も接種も私達の命や健康を奪い、日本を壊すのが目的だから、してはいけないのは当たり前です。


 いつまで騙され続け、効果は無くおかしいと知りつつ従い続け、間違った自殺行為をやり続けるのか?もう子ども達は洗脳され、増す苦を外せなくなり、壊れています。大人が11歳のお子さんを殺したのです。絶対にあってはいけないことですが、誰も罪に問われない。何故ですか?ほとんどの日本人が理由をわかっていません。


 武器を使う戦争には反対する人達が、コ口ナ戦争(検査・増す苦・接種)をやり続けて犠牲者を増やし続け、戦争を止める選択=検査・増す苦・接種をしない人達を差別・迫害しています。

異常な社会を作り、子ども達の虐待に加担しているという認識、当事者意識がない人が多いのは大問題です。大人が犯した罪はあまりに重く、取り返しがつきませんが、3年目になってもまだ続けようとしています。

 選挙などしなくても、皆が検査・増す苦・接種をしなければ、異常事態は終わります。

すべては一人ひとり=私達の選択と行動・実践にかかっているのです。政治家が誰であろうが、おかしな政策に対し、皆でおかしいと言えばできなくなるのです。「おかしい」と言う人、伝える人、声を挙げる人、おかしなことに対して従わない人が少なすぎるのです。昔と違ってSNSがあり、誰でも「おかしい」と発信できるのに。

 当たり前ですが、間違ったことに合わせてはいけません。そんなのは優しさではなく、偽善です。
間違った行動・選択=黒から、適切な行動・選択=白に変えましょう。あなたが黒から白にひっくり返れば、オセロ全体=日本は白に変わります。この戦争を終わらせるのに必要なのは、お店に入る時に増す苦をするのを止めることです。何事も最初は一人ですが、誰かが始めなければ続く人は出てきません。
私はもう約2年間、365日24時間、どこに行くにも増す苦をしていません。
やるか、やらないか、だけ。何も難しくない、とても単純で簡単なことです。










子どもの日 子ども達を増す苦から解放しよう!

2022-05-05 | 社会評論

 新年度に切り替わる3月~4月、さらに40周年、京都~九州での5連続講演ツアー、竹の造形美術館の開館準備など多忙を極め、なかなか社会評論家としての投稿ができませんでしたが、今日は子どもの日。もう、いい加減に子ども達に増す苦をさせるのを止めませんか?これからは熱中症の危険が高まります。「部活・運動の時にも増す苦をしろ」などという、とんでもない政治家もいますが、体育の授業でマスクをしていた子が亡くなっているのです。殺人になりかねませんし、お互いの顔が見えないということの悪影響、増す苦を外せなくなっている子ども達が多くなっていることも大問題です。子ども達を虐待するのは止めましょう。
 ある飲食店に行ったら、悪名高き山梨県独自の制度「グリーン認証」を返上し、ノーマスクで接客されていました。お話を伺ったところ、「私が増す苦をしていないと、お客様も喜ぶんですよ。ここは増す苦をしなくていいんだ、と。皆したくてしているわけじゃないですからね。私がしていると、お客さんもしなくちゃいけなくなるでしょ」と仰っていました。素晴らしいですね。もちろん、私の店も2年間ノーマスク接客で、お客様にも「体に悪いので外してくださいね」とお声がけしています。そうすると「いいんですか~」と増す苦を外して笑顔になります。
 欧米ではもう密になるところでも増す苦はしていません。義務でもなく罰金もないのに、99%増す苦という異常事態が2年以上。車で1人で運転なのに増す苦。屋外で一人で歩いているのに増す苦。「増す苦真理教」です。カルト宗教を子ども達や他人に押し付けたり、お願い、強制し、増す苦をしない人を差別・迫害するのは止めてください。
 日本は免疫力を下げ、有害な間違った対策をいつまでやるのでしょうか?
子ども達やご自身の健康・日本を守るために、大人が外してお手本を見せましょう。
浦安の折本議員、呉市の谷本議員のように、子ども達を守ろうとする政治家が山梨にはいないのでしょうか?

「子供たちの注射やマスクへの反対運動の決意と覚悟」 折本龍則議員の講演(動画)
https://www.nicovideo.jp/watch/sm40404271

「気温上昇「屋外ではマスクはずして」GW前に医師・専門家から注意喚起相次ぐ」












40周年

2022-05-02 | 店のこと

 当店は、店主・保坂浩輝の両親、父・紀夫と母・英美子が昭和57年=40年前の5月1日に創業しました。
34年と3ヶ月後に、前日まで元氣だった母は突然亡くなりました(英美子・2016年永眠)。5年前に35周年記念企画を開催しましたが、亡くなる前日まで、まさか35周年を母がいない状態で迎えるとは、1%も予期していませんでした。そして、35周年企画の時には元氣だった父が、その4ヶ月後に亡くなるとも予期していませんでした(紀夫・2017年永眠)。
 2人がいなければ、私もこの世に存在していませんし、当店も存在しません。
40年前、まだ「クラフト」という言葉も耳なじみがなかった時代に、民家の8畳1間で店を始めた時は、「山梨でクラフトショップなど続かない、すぐに潰れる」などと言われたこともあったようです。私が店とは畑違いの大学に入ったり、会社に就職した時には、「あと何年かやって店は終わりにする」と両親は思っていたそうです。
その後、私が会社を辞めて店に入ってからも、何年かは自転車操業で、私も年収60万円(月給5万円)を何年か続けました。祖父が寝たきりになった時には、ただでさえ朝から晩まで働いていた母は介護もするようになり、店も危機的な状況になった時もありました。両親が経営していた時代も助成金や補助金をもらったことはないと思いますが、40年続いたのは奇跡でしょう。
始めてくれた父、身を粉にして働いてくれた母、支えてくださったお客様・創り手の皆様に心より感謝申し上げます。
本当にありがとうございました!

 今月(昨日)から、北杜市の保坂紀夫・竹の造形美術館(日本の匠と美ほさか 八ヶ岳店)が開館しました(9月25日までの期間限定)。
6月12日(日)には甲府で40周年記念企画がございます。
https://www.facebook.com/events/507188737613325

お祝いは不要です。それよりも、ぜひ美術館で父の奇跡的な作品をご覧ください。ぜひ40周年企画にご参加ください。

ーーー

 昨日開催した竹の造形美術館での40周年記念企画に参加された方のご感想です。
貴重な貴重なお話と体験をさせていただき、ありがとうございました✨ 日本の伝統工芸・民藝には元々関心があったのですが、お父様の作品は本当に見事としか言いようがなく、お母様のご苦労を思えば尚のこと、作品のご説明をうかがっている時には、なんだか感極まって涙が出てしまいました😢 作品が素晴らしいのは勿論ですが、息子の浩輝さんがその価値をしっかり受け止めて、今日のように語り継いでいらっしゃこともまた尊いとことだなぁと。」

ーーー

 15年前から私が発行し続けてきたお客様向けの「通信」の40周年特別号(4月号・通算108号)に掲載した文章を転載します。
※添付の画像の文章は、30数年前に代表だった父・保坂紀夫が作った当店のご案内です。

 
 「40周年を迎えて」  日本の匠と美ほさか 店主・保坂浩輝
 私が中学生の時に両親が民家の8畳一間で始めた店が5月1日で40周年となります。
お客様、作家さん、職人さん、関わってくださったすべての皆様のおかげです。心より御礼申し上げます。誠にありがとうございます。
 続けてこられたもう1つの大きな要因は、母・英美子がコツコツ小さなことを積み重ねてきたから、だと思っています。
昔の記録を見ると、夜9時まで1日も休まず営業していた時期もあったようです。店と家事、働きづめの34年間でした。突然天国に行ったので、親孝行ができず申し訳なかったです。
 30周年を過ぎてから、「継続は力なり」という言葉の真の意味を、ひしひしと感じることが多くなりました。
私が25周年の時から15年間、通信を発行し、傅え続けているのは、母の影響があるのでしょう。
 私は会社勤めを経験してから店に入り、約30年になります。
両親が素晴らしい店を始めてくれたおかげで、日本を元氣にする最高の志事を生業にすることができ、感謝しています。
 添付画像は、まだ私が店に入る前に、父・紀夫が作ったものです。
40年前の創業当時から、「本物を永く大切に使おう」という理念・提案は一貫しています。
 しかし、日本は逆に偽物が溢れ、安物を使い捨てにする社会になってしまいました。自分で自分の首を絞める選択・お金の使い方で、八方塞がりの社会になっています。
日本の「本物」を知らない、見たことも触れたことがない人が多いのは、あまりにも勿体無いので、店や著書・全国各地の講演会で、「真の本物」「日本の伝統」の凄さや素晴らしさ=「足元の宝」を傅え続けています。
 私の学びの集大成・遺言のつもりで書いた
『「八方良し」を目指して 日本・山梨を元氣に!』
の副題は、~すべては知ることから始まる~です。
 外国の物や新しい物ではなく、元々日本にある世界最高の「足元の宝」を知り、取り入れ、活かすことで、毎日愉しい暮らし、幸福な「八方良し」の社会を創ることができます。
今こそ、本当のこと・本物を知って、「昔に進み」「自然に還る」ことが必要な時です。子ども達や日本の未来は、私達の選択と行動にかかっています。




戻る