健康に過ごすために(其の1)

2016-02-29 | ほさか式幸せ生活

 ブログ項目の中で「ほさか式幸せ生活」だけが記事がありませんでしたが、遂に初投稿です!(笑)。幸せに過ごすために重要なことは「健康であること」だと思います。
アントニオ猪木さんの「元氣があれば何でもできる!」という台詞は有名ですが、本当にその通りだと思っています。しかし今の日本を見てみると、医療は進歩したはずが、年間40兆円!!というとんでもない額の医療費が国の財政を苦しめているほど、病院に行く方・薬を飲んでいる方が多いですね何故なんでしょう?(ちなみに私は、調子が悪くなっても病院に行きませんし、薬も飲みません。検診もしません)
理由は簡単、世の中健康に悪いものだらけだからです。今日は、勉強になる記事を見つけましたので、それをご紹介します。

『【 残留農薬=ポストハーベスト 】
 
小麦のポストハーベスト農薬
他の農産物も大体同じような感じです・・・
(レモンなどの柑橘類、バナナ、ジャガイモなど)
ポストハーベスト、正しくは「ポストハーベスト農薬」または直訳すると「収穫後農薬」
収穫後に、保存や輸送中に虫やカビががつくのを防ぐために散布される殺虫剤等、その他保管中にも使用される薬剤の「くん蒸」なんてのもされますが今回は農薬の話。
  
他の国ではあまり聞かないのに、どうして日本で問題になっているか??
  
米国から輸入される小麦からは、神経毒性のある数種類の殺虫剤が検出されています。(本来検出してはいけない)
有機リン系殺虫剤のマラチオン、スミチオン、レルダン等々
この有機リン系殺虫剤は神経伝達を阻害して虫を殺しますが、ヒトも同じ神経伝達物質を持っている為、当然無関係では済みません。 
事実 頭痛、めまい、倦怠感、下痢、腹痛、嘔吐、視力減衰などが報告されています。
また免疫毒性もあるので、抵抗力が落ち病気にかかり易くなったりします。この殺虫剤がまかれていると、3年たってもその小麦についた虫は死んでしまいます。それほど強力。
 
なぜ、このようなことが問題にならないのか?
先進国といわれる国で小麦の大部分を輸入に頼っているのは日本と韓国のみなのです。 
どちらも米国に依存度が強い為 文句が言えない(^^;
本来 収穫後に農薬を使用する事はNGなはずなのに検出されると食品添加物としてOKにしたり農薬としてOKにしたり基準自体を引き下げたり・・・
NGにならないように上手くやり過ごしていると言うのが正直な所。
OKが大前提で処理しているのです。
元々、戦後収穫後に撒く農薬にあまり関心が無い頃から使用されていたのですが、どんどん輸入量が増え、規制したくても追いつかない状況になってしまったと言うのも有るようです。
ちなみに米国内ではこのような農薬の使い方は禁止。
他の国は自給できるから、日本のように船での長距離輸送中のカビや虫の発生など考えなくて良いわけです。
この殺虫剤は後から撒かれている分、濃度が高く当然小麦粉になっても移行して来ます。
薄力粉、強力粉、天ぷら粉、ケーキミックス、から揚げ粉など、 特にアメリカ産の小麦を主に用いたこれらの粉から頻繁に検出されているのは紛れもない事実です。
  
そしてまた残念なことに、それらは学校給食の食パンにも使用されているのです。
(地方自治体の学校給食会によっては国産小麦粉を積極的に給食に使おうという動きが出てきてます)
ちなみにオーストラリアでは かつてすべての小麦に殺虫剤を混入していましたが、この10年で使用を減らしてきてはいるらしい。
 
もちろん国産小麦であれば、収穫後に殺虫剤を噴霧する必要はありませんが、そもそも全国民の需要をまかなうだけの小麦粉は日本には有りません。そこも問題。
また、輸入小麦であっても、カナダ産に関しては残留農薬はこれまでほとんど検出されていないことがわかっています。カナダは冷涼な北回りで運搬し、涼しい北海道に荷揚げしている為にポストハーベスト農薬を使用しない若しくは少量で済んでいると思われます。
   
毎日パンを食べる人は 近年増えたので「ポストハーベスト農薬」は大きな問題です。
ましてや学校給食に使用されていると思うとあまり好ましい状況とは思えません。
すぐに問題が起きるわけではありませんが、長年の蓄積が体にどういう影響が出るのかはまだ誰も分かっていません。
  
まとめ
輸入食品等には 輸出&輸入する為だけに新たに特殊な農薬が使用されている事実。
そして、その基準自体があやふやにされている事実を知って下さい。 
私達大人はともかく子ども達には怪しい物を食べさせたくありません。』

 以上です。というよりも異常です。という感じでしょうか。
そして、この記事を知り合いのパン屋さんに読んでいただいたら、その方からこんなメッセージをいただきました。

『大手の食パンには、薫蒸、ポストハーベスト、製粉過程の酵素やグルテン添加、大豆粉など調質され、製パン工程では、トランス脂肪酸、精製塩、精白砂糖、工業製品であるイースト(戦時中ドイツで開発された)、イーストフードなどの添加物、香料、着色料、Ph調整剤、乳化剤、保存料など加えられて生地が作られる。そのあとの製パン工程でも問題が山積み、最近の大手パンメーカーは中国で作らせて輸入している。パン作りに使う(中国の)水は60%以上。安さに飛びつくと不幸になるかも?』

 くしくも不幸という言葉を仰っていますが、幸せ生活の反対になりそうですね。
皆様は、どうお考えでしょうか?
あるとても博識な方が、「コンビニの食べ物は、工業製品ばかりだから食べない」というお話をなさっていましたが、私もコンビニ・ファーストフード・回転寿司・ファミレスなどのチェーン店の物や大手メーカーのパンは食べないようにしています。

 放射性物質・遺伝子組換え・農薬・添加物・人工甘味料・IH調理器・電子レンジ・自然由来ではない薬など昔はなかったものが当たり前のように蔓延し、それを異常なことだと思わず受け入れ選択する人が多いため、様々な病氣や不調、アトピー・アレルギー・認知症・不妊などが急増している事実があります。
 原発事故の際の象徴的な言葉、「ただちには健康には影響がない」ですが、長期的には高い確率で影響が出る偽物・悪い物・毒だらけなので当然と言えば当然の結果ですよね。
煙草を吸う人が、無添加煙草の存在をご存知ない。=本当のことを知らされていないし、ご存知ない

 食も物も本物を選択すれば、死や病氣は遠ざかり良い方向へ進めます
私は、以前はひどかった花粉症の症状がほとんどなくなりました。

 学校給食にこういう小麦が使われているのはショックですよね。
子どもや家族を守るには親や大人が学ぶしかありません
 今回の記事は食品でしたが、家具や畳(いぐさ製品)など(接着剤や防カビ剤)も外国製の安物は怖い物が多いと思います

 


雛人形展最終日です

2016-02-28 | 展示会

 おはようございます。1月9日~開催してきた「ちいさな雛人形展」ですが、早いもので本日28日が最終日です。ご来店・お買物いただいた皆様、誠にありがとうございました。今年もたくさんの赤ちゃんに出逢うことができ、抱っこをさせていただいたりと嬉しく楽しく志事をさせていただきました。
お客様からも「雛人形を持っていたら、娘が「衣裳の素晴らしさに感動した」って言ってくれたのよ。喜んでもらえると嬉しいわよね」など、その他にも数え切れないほど嬉しいご感想をいただきました。厚く御礼を申し上げます。
なお、3月の休業日は2・3・9・17・23・29日です。
そして、3月5日(土)~「ちいさな五月人形展」「子ども用品展」を同時開催致します。こちらもお楽しみに。随時、紹介記事をあげていきます。


雛人形展は残り5日間となりました

2016-02-24 | 店のこと

 昨日は2月最後の休業日でした。今日24日~月末29日まで無休で営業致します。
27年目の「ちいさな雛人形展」は28日まで、残り今日も含め5日間となりました。
皆様のご来店をお待ちしています。
そして、3月5日~は「ちいさな五月人形展」と「子ども用品展」を同時開催いたします。

上尾からのお客様

2016-02-20 | 店のこと

 今日の午前中に、ギャラリーの雛人形展を見にいらしたお客様とお話しましたら、初めてのご来店と仰ったので「どちらからですか?」と伺ったら、埼玉県の上尾からわざわざお越しくださったということでした。昨年、圏央道がつながり埼玉や北関東・東北方面からの山梨へのアクセスが抜群に良くなりましたので、その方面のお客様も増えています。ネットで当店を見つけられたそうで、有難いことです。
お昼ご飯のお勧めを聞かれましたので、良いお店を数店ご紹介しました。甲府も美味しいお店がどんどん増えているので、当店で世界最高の本物をご覧になり、食事も本物を堪能されて、という山梨県外からのお客様が多くなっています。
 今日も良い出逢いをいただいて感謝です。

世界最高の椿油

2016-02-17 | お勧め

 当店の隠れたヒット商品、リピーター続出の品をご紹介します。それは「椿油」です。
 元々、大ヒット商品「つげのブラシ」のお手入れ用で仕入れ始めたのですが、一昨年、製作元の九州の工房へ伺い、原材料や制作現場を拝見し、直接色々なお話を伺い「すごい椿油だ」ということがわかりました。
 一般的な椿油とは違い、「玉搾り」と言って、熱を加えずに低圧で絞った伝統製法の椿油で、最高の品質です。やぶ椿の種子の蒸し加減、搾り具合を感じ取り、作業を手際良くすることが大切で、長年の経験と熟練の技が必要です。無理な圧力をかけないことで、余分な成分が混じらない良質の油が取れます。搾った油は、甕で1週間程寝かせて、和紙で「ろ過」して完成します。普通の椿油と比べますと、匂いもほとんどしませんし、べとつきません。肌につけたときの伸びや浸透性も素晴らしく、椿油に詳しい方ほど「この椿油はすごいですね」と仰います。これを塗ることで「アトピーやお肌の状態が良くなった」というお客様の声もいただいています。
この時期でしたら、お肌のカサカサ、他にもやけど・日焼け・水虫・虫さされ、などあらゆるお肌のトラブルや、髪に直接つけていただいたり、男性には髭剃り後にもお勧めです。
 実はこの椿油、食用としても最高なんです。さすがに天ぷらには贅沢ですが、炒め物やドレッシングには最高です。ギトつかず、香りも良く美味しくヘルシーです。
オリーブオイルよりもオレイン酸が約20%位多く、悪玉のコレステロールを減らし、善玉のコレステロールを増やしてくれる、嬉しいオイルなのです。最近は、サラダ油の危険性も広く知られるようになってきましたが、どんな油を摂るか、は健康維持のためにとても大切です。
 肌や髪につけても、食しても最高の椿油をぜひお試しください。
(写真右の小さい瓶は、肌や髪に付ける時に使いやすく、大きい瓶は詰め替え用や料理用にお勧めです)


感動するでしょう?

2016-02-16 | お客様の声

 昨日、お嬢様とお孫さんと3人でお越しのお客様がいらっしゃいました。
お母様は4度目位のご来店で、初めてお嬢様を連れてきてくださったのです。お孫さんとご一緒だったということもあり、長い時間は取れずごく一部の品物、革の財布やベルトキーケースなどの説明をお嬢様にさせていただきました。
そうしましたら、お母様が「ね、感動するでしょう?」。お嬢様が「お母さんが、(連れてきてくれる前に)言っていた意味がわかった」と仰いました。
 今日も嬉しいお言葉をいただき、感謝です。


足の臭い対策

2016-02-15 | お勧め

 今朝のテレビで、足の臭いの悩みの特集をしていました。それはお安い御用です。
当店の熊笹和紙の5本指靴下、これを履いていただければ悩み解消です。後から抗菌防臭加工したものとは違い、熊笹にもともと天然で抗菌防臭作用がありますので、永く履いてもその効果が持続します。実験で1週間洗わずに履き続けた方がいて、臭わなかったということで驚きですね。男性用は1種類ですが、女性用はフットカバータイプ・短め・長めで締付け緩め、とお好みで選べます。もちろん、5本指ではない普通の靴下もございます。
 さらに、蒸れない・汗をかいても貼りつかない冷えない、冬の寒さ対策で重ね履きにも最高ということで、1年中大活躍の靴下です。この熊笹和紙の靴下を使わないと、随分人生損をすると思います。私は手放せません。


4~9日までご迷惑をおかけしました

2016-02-10 | 店のこと

 先週3日より、インフルエンザになったと思われ(医者に行っていないので推測)、
一昨日まで熱が引かずに、店にもでられず、外にも一歩も出られない状態でしたが、昨日9日から熱が下がりました。
当然のことですが、クスリも飲んでおりませんので、時間はかかりましたが自然治癒力にて回復したようです。「自然治癒力」様様です。

当店は、説明をしないとわからない品物ばかりですので、通常、私が出張などで店をあける場合は、事前に予定を組み、店は休業にしているのですが、今回はそうもいかず、2月4~9日までにご来店や電話などでお問い合わせいただいた皆様には、ご迷惑をおかけしまして、大変申し訳ありませんでした。本日10日は休業日でしたが、明日11日からは通常営業に戻れると思いますので、これに懲りずによろしくお願い致します。


明日3日は節分ですが、休業日です

2016-02-02 | その他

 おはようございます。
昨日の甲府は予報になかった雪が朝降りましたが、すぐに止み積もりませんでした。
明日3日は節分ですね。当店は休業日ですが、私は丸1日志事の予定です。
春が段々近づいてきました。写真は、先日お邪魔したお店のしつらい。日本の四季・文化は素晴らしいです。


今日から2月

2016-02-01 | 店のこと

 おはようございます。驚いてしまいますが、今年ももう1ヵ月終わってしまいました。本当に早いですね。寒い中をご来店いただいた皆様、ありがとうございました。一度雪が降りましたが、ここ数日は朝の冷え込みも和らぎ、無事に1月の営業ができましたことを感謝しています。2月もよろしくお願いします!

※昨日は、お祝い事で食事に行きました。写真はその時のものです。日本の食文化は本当に素晴らしいです。とても美味しくいただきました。ちなみに写っている箸は、10年愛用している当店人気の輪島塗の箸(朝の連ドラ「まれ」の舞台になった工房で創られたもの)(マイ箸)です。


戻る