無症状の感染者が増えるのは良いこと

2020-06-27 | その他

 「感染=悪ではない」、「感染者数の発表は害悪」
ということを言い続けてきましたが、
感染者数を発表するなら、「免疫を獲得した人が増えています!」と朗報として発表するならいいですね。

 東京都民は約14000000人。不確実なPCR検査で50名は、0.000003%です。
「検査していない人がたくさんいる」というご意見あるかもしれませんが、検査していない人は、無症状ですよね。
しかも、そもそも感染者をゼロにすることは不可能。
なぜ、これがニュースになる?
冷静になれば誰でもわかることですが、どう考えてもおかしいです。

 基礎疾患がある人は、コロナでなく普通の風邪でもこじらせたら危険です。新型コロナ(インフル以下の風邪)だけを特別視して、60歳以下の健康な人まで新しい生活様式などの過剰対策をするのはおかしいです。

 コロナの日本での死者(死者水増し有りですが)、は70代以上が9割、しかも入院中の方が多い。
対策はこういう方々を守ることに集中して、一般の人は普通に暮らしたほうが良いです。
 日本は長寿国で長生きの人が多いので、本来は他国よりも死者が多いはずなんです。

 新型コロナに対して、今までのようなメディアの取り上げ方や過剰自粛・過剰対策は不必要なだけではなく、害のほうが甚大なのは明白で、子ども達が一番の被害者です。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 

以下、小林よしのりさんの記事

「東京で55人以上の感染者が出たというが、ほとんどが無症状なら、「55人の風邪っぴきが出た」ということに過ぎなくて、熱も出てない鼻水も垂らしてないということならば、それはもう「免疫力の強い健康体の人」が55人いたということ」
→すごい朗報ですね。

「もう「自粛」はできない。経済への打撃が巨大すぎた。無意味な恐怖の煽り方はやめよう。
今も国民の「精神的自粛」は続いている。マスク警察が暗躍して、臆病者の天下になっている。」
→恐怖を煽ること、一番やってはいけないことです。

「死者数が増えるかどうかが一番重要だ。
感染しても死ななければいいのであって、感染して治れば、抗体を持つ人が増えるだけである。」
→私が以前から書いてきたとおり。

「日本人にとっては「獲得免疫」が必要ないくらい、「自然免疫」が強力なのだろうが。」
→何度も書いていますが、海外と日本はまったく違います。

「感染した人への差別もやめよう。
感染者は抗体を持つ人で、集団免疫軍のメンバーだ。むしろありがたい人たち」
→感染者は有難い!魔女狩りするなんてもってのほか!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 そして、ここ最近東京で感染者数が増えている理由は、添付の図のように検査が増えているからで当然のことです。
オリンピックを中止したとたんに、感染者数が増えたのも同様の理由だったのは以前お伝えしたとおりです。

 以下の方のご意見。そのとおり!です。
「東京都民約14000000人中数十名の本当に新コロナか怪しい人数を毎日毎日発表していったい何がしたいのか?ですね。基礎疾患、癌患者やベビースモーカーが元で亡くなった人もいかにもコロナで亡くなったかのように報道して恐怖を煽るのは本当に止めて欲しい。お年寄りは普通の風邪もこじらせたら危ない」

 以下は、小川榮太郎様のご意見
「何千件やって何十人やッと喉の所にウイルスがちょろちょろ見つかって、症状もない、重症者久しくゼロ、これで危険だ危険だと騒ぐ。これは感染でなく曝露、ウイルスがちょろっといたよという話。
風邪が50人出たぞ! みんな気を付けろー!そりゃ、風邪だって基礎疾患ある高齢者には危険です。
しかしそれで社会に行動制限かけますか?
今回のコロナの日本での死者は、80代4割、70代3割、90代2割です。しかも院内水平感染が大半、つまり入院中の方々が犠牲になっている。常識に戻りませんか?」 


戻る