WHO 世界保健機関とは

2020-05-31 | その他

 WHOは、ワクチンでアフリカの子ども達を殺していました。日本でも子ども達に打たせますか?
 
 

【R. ケネディJr.のインタビュー】
「なぜビルゲイツ財団やWHOは大量殺戮・集団虐殺の罪で起訴されるのか。
そもそもWHOはシステム的、構造的に問題があり、まるで製薬会社の子会社のようになっていた。
WHOの資金のうち、米国に次ぐ大口資金源はゲイツ財団であった。
製薬会社は歴史的にWHOを利用し、アフリカの人々に期限切れの薬や毒薬を強要した。
例えば三種混合ワクチン。このワクチンがすべてのアフリカの子どもたちに強制的に投与された。
結果、ワクチン接種の子どもが、非接種の子どもの10倍の死亡率だった。
子どもたちは、ジフテリア、百日咳、破傷風という病気によってではなく、ワクチンによって殺されたのである。
それにもかかわらずWHOとゲイツ財団は、この全く信頼性のない殺人ワクチンを継続したのである。」
 
以下の動画も世界で起きていることを学べますのでどうぞ。
 
タイトルとは違い重要なのは最後のほうだと思いました。
この騒動を機に、良い方向に転換していく、そのためには覚醒が必要です。
「覚醒の2020年に」
「コロナの不安キャンペーンに乗っ取られないで」
「本当の自由とは道を選ぶことではなく、道を作ること」
道を作っていこう、と改めて思いました。
 

戻る