都市封鎖や自粛は極めて有害

2020-06-05 | その他

 上記題名は、私がコロナ騒動が始まってから、ず~と言い続けてきたことです。

コロナ騒動はあまりに不自然で茶番であること
支配者の狙い
・人口削減
・中小・地方企業を潰し大企業の寡占を進める
・分断と対立させる
・ワクチンとクスリで莫大な利益をあげる
・超管理社会(キャッシュレス・ネット依存・マイクロチップなど)
が見えていたからです。
彼らが支配する、日本の中央メディアや政治家の言いなりになることは、まんまと狙いに嵌ることを意味します。

 なぜ、新型コロナの1000倍の感染者がでたインフルエンザでは何も騒がず、コロナでこれだけ騒ぐのか、それを読み解けないと適切な判断はできません。
 「インフルエンザのようにクスリやワクチンがないから」という方がいらっしゃいますが、インフルエンザワクチンを打った人ほどインフルエンザにかかる(毒を打ち込むので当然)、というのは公然の秘密ですし、免疫力・自然治癒力が低下していなければ(普通に暮らしていれば)、インフルエンザもコロナも寝ていれば治ります。
 「日本での新型コロナ感染者約1万6千人(そのうち日本人確定したのは6826人)」というのもミソですよ。感染者数で大騒ぎしていますが、日本人の割合、ずいぶん少ないですよね。
何度でも言いますが、敵はコロナではありません。

以下の記事、ご覧ください。
「最近の研究では、今回の新型コロナのための都市封鎖や自粛はほとんど意味がないどころか社会全体の影響を総合的に評価すると極めて有害であったとする報告書も出てきはじめています」

「日本国内の新型を含めたインフルエンザの感染者数は約1546万人に達した」

「アメリカ疾病予防管理センターCDCの発表では米国でも約6000万人が感染した新型インフルエンザが流行した最初の年の死者数は約60万人だった」

「新型コロナ感染者約1万6千人(そのうち日本人確定したのは6826人、残りは外国籍or国籍照会中)亡くなった人もインフルの方が圧倒的に多かった。
感染者数が1000分の1しかいない新型コロナでも政府の発表の仕方やマスコミの報道の仕方で人々を大きな恐怖に陥れられることが今回の件で証明されました。今回大々的に報じられたために政治家たちは感染者数と死者数を下げるだけで支持率が上がるという単純な図式にのって経済や本当の健康や人々の自由を犠牲にしてでも数字を下げることに専念した」

「今回のコロナでは世界各地では都市封鎖や外出自粛の影響で失業が増加、体調不良や体力低下の増加、精神病が増加、犯罪も増加、国によってはすでに自殺者も急増しています。」

「米国では500人を超える医師たちが大統領あてに「これ以上都市封鎖をすれば、死者は増加する」という主旨の手紙を送り、外出自粛の有害性を訴えました。」

「2009年の新型インフルエンザの時の方がはるかに甚大な被害にも関わらずどうして医療崩壊も経済崩壊も起きなかったと思いますか?冷静によく考えてみてください。」



戻る