ワクチン不要&病は氣から

2020-07-25 | その他

 山本学司さんの記事が素晴らしいので以下にご紹介します。
 重要な点は、「恐怖・不安・ストレスが一番体に悪い」、ということではないでしょうか?だからそれらを持たせるような報道や対策を押し付けてきているのですね。

「新型コロナにかかるのが嫌なら、自然免疫を本来の性能まで引き上げる努力をする」
「今の季節なら「マスクをしないこと」「自粛などしてストレスをためないこと」「外に出て陽の光を浴びること」がまず1番。
普段からの食習慣、生活習慣を見直し、正しておくこともとても重要。」
「コロナの重症化リスクを低減する食習慣や生活習慣ってのは、普段からやるべき「病気にならないための習慣」と同じ」
「無駄にやたらと自粛を意識してストレスを貯めることで、血液は酸性化し血栓の出来やすい状態どころか、あらゆる病気になりやすい状態になる。上手にストレスを抜くように心掛けることはとても重要」
 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

以下、山本さんの記事です。ありがとうございます!
 
「ワクチン出来るまで心配」とか言ってる人がとても多いですけど
抗体が2、3ヶ月で消えてしまうCOVID-19。
つまり「無害で本当に効くワクチン」が完成したとしても、それを打つ行為は完全に無意味。旧型のコロナも抗体は消える。そしてT細胞単体でコロナに勝つことがわかった。
要するに新型コロナはとても弱いウイルス。
だから新型コロナにかかるのが嫌なら、自然免疫を本来の性能まで引き上げる努力をしたらいい。
今の季節なら「マスクをしないこと」「自粛などしてストレスをためないこと」「外に出て陽の光を浴びること」がまず1番ですけど、普段からの食習慣、生活習慣を見直し、正しておくこともとても重要。

↓この投稿にも書いた内容なのですけど
◎お風呂に浸かって温める。
◎十分かつ質の良い睡眠をとる。
◎揚げ物など、オメガ6多価不飽和脂肪酸が多い食事は避ける。
(ω6は炎症を引き起こす)
◎飽和脂肪の多い動物性のものはなるべく避ける。
(腸内細菌が弱る、血液の酸性化)
◎ブドウ糖果糖液糖など含まれる清涼飲料水や単糖類二糖類などの甘いものは避ける。
(血液の酸性化、解糖系優位になる)
◎水分と塩分の補給は十分にする。これ重要。「0.9%の天日海塩水」を持ち歩くと便利。
(膜電位の正常化)
◎発酵食品を摂る。納豆、漬物、味噌、豆乳ヨーグルト(植菌、育菌)
◎小糖類、多糖類、食物繊維を含むものをしっかり摂る。(育菌)
◎クエン酸や酢酸(お酢)など有機酸を含むものを摂る。(血液のアルカリ化)
◎ニンニク、玉ねぎ、葱、ニラなど有機硫黄化合物を含む食品を摂る。
(システインパースルフィドによるミトコンドリアの活性化と、腎臓保護)
◎生姜などの血流量を増やす作用のものを摂る。
◎腹八分で止める。
発酵食品は植物性のモノがよいです。
市販のものは純粋培養された菌を使っていて腸内細菌叢の生態系を壊す傾向なので、なるべく天然の菌を使ったモノを。
コロナの重症化リスクを低減する食習慣や生活習慣ってのは、普段からやるべき「病気にならないための習慣」と同じですね。
あと、無駄にやたらと自粛を意識してストレスを貯めることで、血液は酸性化し血栓の出来やすい状態どころか、あらゆる病気になりやすい状態になりますので、外に出て深呼吸するなり、森林浴するなり、上手にストレスを抜くように心掛けることはとても重要ですね。
コロナ以外の害の方が大きいんだよฅ(=・ω・=)ฅ



戻る