コロナを収束させるには皆が茶番である事に氣付くこと

2020-07-18 | その他

 支配者が創作、テレビ新聞と政治家(与野党共に)が実演中のコロナ茶番。
事実とは真逆の報道が何度も何度も繰り返され、嘘も100回言えば本当だと思ってしまう人がほとんど。
 民放はスポンサーの意向に従わざるを得ないことは皆さんご承知でしょう。国民からお金を徴収しているNHKの全国ネットの報道、あまりにも酷すぎます。完全に支配者の軍門に下っており、見ていると氣分が悪くなります。
 ここ数日、またも危機を創作し、国民を欺こうとしています。もう絶対に騙されてはいけません。
 私は、3月から茶番・やらせだとFBでも直接会った人にも言い続け、賛意を示してくださる方も私の周りでは多く、さすがにもうおかしいと氣付いています。
「人類は滅びないとわからない」
「ここまできてわからない人は淘汰されても仕方がない」
というご意見もいただいたことがあります。
 でも、とにかく子ども達です。何の罪もなく、自己責任でもない。子ども達のためには、諦めるわけにはいかないのです。世界最高の伝統を繋いできてくれたご先祖様のためにも。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

2つ記事をご紹介します。
 
「世界中を巻き込んだ新型コロナウィルス騒動は、完全なデッチ上げであり、そのような恐怖の殺人ウィルスは実在しません。
茶番劇の主な目的は二つ。
一つ目は「ウィルスが有るという設定を利用してデジタル監視社会を構築する事」、もう一つは「経済活動を停滞させて大恐慌を引き起こし、資本の再編成を行い、巨大資本の支配力を高める事」。
コロナは新自由主義やグローバリゼーションを標榜して国家を超える力を身につけた世界的大資本が、自分達の目指す世界を作るために引き起こした壮大な茶番劇なのです。
メディアを真に受けている人はマスクして自粛すればコロナは終わる、ワクチンが出来ればコロナは終わると考えていると思いますが、それこそがヤツラが仕掛けたワナであり、そこに誘導するためのコロナ茶番なのです。
コロナを本当の意味で収束させるには全ての人が茶番である事に気がつく以外に方法はありません。世界中の人々が、恐れなければならないウィルスなど何処にも無いのだと気がついた時、その瞬間に、一瞬でコロナ茶番は収束するのです。」
 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 
「ワクチンを打つとそれが原因で病氣になります
直接の病氣ではなくても原因不明の病氣が発症したりまたは精神が変になります」
 
「ポイントはワクチンと5Gが連動していること」

「一番怖いのはワクチンを打った人が打っていない人を非難するようになること」

「これはすべて「ほんたうのこと」を知らないために起きることなんです
「無知は罪である」の意味はここにあります」

「ゾンビにならないためにはどうすれば善いのでしょうか?
それは「覚醒」するしかないんです
「ほんたうのこと」を知ることが覚醒することなんです
「覚醒」すればワクチンも打たないしゾンビにはなりません」


戻る