インフル患者数1000万人・新型コロナ感染者6万人

2020-08-31 | その他

 復習ですが、とても重要な動画です。
https://www.facebook.com/watch/?v=2697797743815495

 以下、動画の説明記事です。
「インフルエンザと新型コロナの素朴な疑問! インフルエンザは患者数で数えるに、何故?新型コロナは感染者数で数えるのか⁈


 新型コロナは特別な病気で、サイトカインストームが起こるとか、後遺症が残るとか言ってる人達がいるが、インフルエンザや他の感染症も同じように、サイトカインストームも起こるし後遺症も残ります。
さらに一生懸命にPCR検査を行い無症状の陽性者を探し出しても6万人の感染者しかいない。その殆どが無症状であり毎年、1000万人の患者数を出すインフルエンザに比べても”感染力”は遙かに低い。
 
無理やりPCR検査を行い、症状が出ていない、保菌者をあぶり出して「感染者!感染者」と騒いで恐怖を煽っているが、全く無意味な事であり、経済を止める殆どの感染症ではない。
 
インフルエンザ・患者数1000万人(患者数は体調が悪くなり病院で治療を受けた人)
新型コロナ・感染者6万人(殆どが無症状)

怖いのは新型コロナウイルスよりもテレビに洗脳されたテレビウイルスである。
新型コロナを(過剰に)怖がっている人はテレビウイルス感染者です。」

戻る