PCR検査は受けないほうが良い

2020-08-26 | その他

 日本も、間違った情報の広がりを止めるために、本当のことを広めて命や経済を守るため、海外のように医師が立ち上がる必要があります。

 藤原紹生医師の記事をご紹介しますが、以下が一番重要でしょう。
「PCR検査については、科学的では全くありませんし、その診断としての意義は全く感じませんので、推奨はいたしません。と言うよりむしろ、持っていてもおかしくないものを引っかけて陽性となっているのであれば、かえって不要な心配を増長させることになりますので、PCR検査を安易にお受けにならないことをお勧めいたします。」

 2番目は、「未だに「新型コロナウイルス」単独の病原性をつきとめたものは一つもありません
 病原性が証明されていない!新型コロナで、全国民が悪影響・被害を受けて社会が変質させられ、異常な状態になっているのは、
「間違った報道をするニュースやワイドショー」が原因ですから、「正しく修正していただきたい」
ということです。

「「新型」というのは、新しく未知なるウイルスが発見された、という意味ではない
ということで、「未知のものだから怖い&警戒を続けないと」という理論は間違いです。

 以下が記事全文です。重要な点、抜粋しておきます。

「論文作成までの期間も、WHOの決定も、異例中の異例なぐらい早いので、この流れについて何か作為的なものを感じます」

「ウイルス学や感染症学の専門家の先生方が、議論や検証を重ねて「新型コロナウイルス」と命名したのではなく、WHOという国連の専門機関の独断で命名された」

「新型コロナウイルス」の「新型」というのは、新しく未知なるウイルスが発見された、という意味ではありません。」

「「新型」というのは、今までに登録されていないコロナウイルスで、「新たに病原性が見つかった」という意味」

「アメリカのCD社のPCR検査キットの説明には、こう書かれています。「インフルエンザAウイルス、インフルエンザBウイルス、呼吸器アデノウイルス、呼吸器合胞型ウイルス、パラインフルエンザウイルス、マイコプラズマ、クラミジアに非特異的影響の可能性あり」このことは、これらのウイルスでも引っかかって陽性になる可能性がある」

「PCR検査陽性者」=「感染者」ではありません。テレビで報じられる「感染者数」は「PCR検査陽性者数」です。間違った報道をする(意図的かどうかは知りませんが)ニュースやワイドショーは、正しく修正していただきたい」

「WHOは、7月の初めに、今回のコロナウイルスは「隔離も検疫もソーシャルディスタンスももう必要ない」「一人の人から別の人に感染させることはできない」と発表しました。感染させることができなければ、もはや感染症とは言えません。」

「科学的ではなかった、3密理論・8割自粛・クラスター理論・ソーシャルディスタンス・マスク、などを手放し、普段通り生活したり、GOTOトラベルを積極的に行う方が、集団免疫を維持できて第二波の予防に繋がる」

※添付はご参考までに(私が作ったものではありません)




戻る