謹賀新年

2021-01-01 | その他

 昨年もお世話になった皆様、本当にありがとうございました。
 元旦の本日は、輪島塗のお椀・お重でお雑煮・おせちをいただき、初詣の後に温泉露天風呂で體(からだ)を癒し、温まりました。
今日も一度もマスクを着用せず、健康で幸せな1日でした(神社も温泉も「マスクはお願い」していましたが、お願いですから着用しなくて大丈夫です。危険な対策ですから早くやめていただきたいです)。マスクよりも温泉で温まり緊張を解いてくつろぐほうが、風邪予防に何倍も効果があるのは間違いありません。露天風呂で偶然居合わせた常連の方から、温泉の凄い効果を伺うことができました。
税金でマスクを配りましたが、温泉に入れる券を配布したほうが経済活性化も兼ねることができ、一石二鳥で良かったのではないでしょうか?
 そして、写真は撮れませんでしたが、露天風呂からの景色がまた最高なのです。政治・行政・マスコミがおかしなことをしなければ、日本は最高の国・山梨も最高です。
 
 器も料理も温泉も世界に誇る素晴らしい日本の伝統・文化です。
私は、素晴らしい日本の伝統・文化・物造りを守りたい。次世代に繋ぎたい。失くしてはいけない非常に尊いものだと考えています。
 世界的にみてもダントツで素晴らしいですし、先人・ご先祖様の智慧・工夫・試行錯誤・努力・労力の積み重ねの上にできたものだからです。「足元の宝」に氣付かない・自ら捨ててしまう、のはあまりにもったいないです。

 インフル以下の風邪を理由に、「新生活様式」が押し付けられ、日本の伝統・文化がさらに破壊されようとしています。そんな馬鹿げたことを黙って許すわけにはいきません。「ならぬものはならぬ」のです。

 FBのお友達で素晴らしい絵馬(添付2枚目)を投稿されている方がいらしたので、私も絵馬に「コロナ茶番を終わらせ、日本・子ども達を守る」と新年の誓いを書いて、納めてまいりました。
覚醒の令和2年から行動の令和3年へ。

 子ども達が毎日苦しんでいますから、解放するために1日も早く茶番を終わらせる必要があります(=茶番は昨年までにしましょう!)。それには、祈ったり願ったりするだけでは駄目で、行動しなければ実現しません。
「落ち着くまで」と言い続け、間違った対策に声を挙げずに従い続けた結果が今です。約1年が経ち、もう従っても効果もなく終わらないことはおわかりだと思います。そもそもでっち上げですから当然です。

 風邪がなくなることはないのですから、なくならない状態で終わりにする必要があります。そうでなければ、永遠に続く=一生増す苦です。

 皆が冷静になり、インフル以下の風邪だと正しく認識し、「こんなおかしな弊害が大き過ぎることやめよう」と過剰対策をやめれば収束です。
「早く収束してほしい」と思っている方(99%の人はそうでしょう?)は、ぜひ明日から行動に移してください。具体的にどうすればいいかは、明日投稿します。ほとんどのことは、コロナ以前に戻せばいいので技術的に難しいことはありません。必要なのは、覚悟と勇氣です。

 今年は、より具体的に動きを増やしていきますので、本年もよろしくお願い致します。
(本日は店主・保坂浩輝個人としてのご挨拶。店としてのご挨拶は別途させていただくつもりです)
 



戻る