私も洗脳されていました 患者数と感染者数

2020-05-15 | その他

 友利毅様のフェイスブックの以下の投稿を見て、ハッとしました。
「根本的な話し
患者数と感染者数のマジック
インフルエンザの患者数は毎年数千万人
でわ 感染者数は何人?
そう わからない
下手したら国民全員です
これはわざとそうしてる
発表してる側は知ってます
何のために
恐怖をあおるためにだろうな
過去全ての病気は患者数で表示されてる
考えたら わかるよね
貴方は最近風邪にかかったことある?
なら 最近風邪菌を持ったことない?
答えられるか
日本人で風邪菌を持ったことないひと居るの?」
 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 
 コロナ騒動が起きるまでは、インフルエンザの患者数が何人とか、学級閉鎖、そういう報道はありました(とても小さく)が、インフルエンザの感染者数が〇〇人になりました!なんていう報道はありませんでした。
しかし、今回は、感染者数で大騒ぎ。おかしいですね。
前にも書いたように、感染者は増えても、死者が増えなければ良いのに、です。
感染者数をいちいち発表して恐怖をではするのをやめて、インフルエンザと同様に患者数を伝えるほうが健全ではないでしょうか?検査自体も正確ではないこともお伝えしたとおりです。
そもそも1日で50人以上(この数字も操作されている可能性がありますが)インフルエンザで亡くなってもほとんど報道されなかったわけですから、バランスからいけば新型コロナの報道自体なくてもおかしくないくらいです。

 やはり以前ご紹介した藤本医師のご意見
「感染者数は考えなくてよく、実際の死者数だけでウイルスの重症度を判断すべき」が冷静な判断で、発表されている死者数自体も正確かどうか、疑わしいところです。
 先に、私はどの宗教・政治・経済団体にも所属していないことをお伝えしておきますが、昔、オウム真理教が出てきた時に、「彼らは洗脳されている」ということが言われました。その当時、私が思ったことは、「オウムも洗脳されているけど、皆もめちゃくちゃ洗脳されてるやん」(なんで関西弁(笑))ということでした。
 洗脳されている人は「自分は洗脳されていない」と思っている人です。
・GHQの7年間の洗脳(War Guilt Information Program)
・3S政策
・テレビの本質は洗脳装置
・ネットの情報も玉石混交
これだけ様々な情報が飛び交う時代に、何も洗脳されていない、ということはまず有り得ません。
 ですから、私は日本の中ではかなり様々な洗脳から抜け出したほうだと思っていますが、必ずまだ何か洗脳されていることがある、と考えています。そういうふうに考えておかないと危険だからです。
「何も考えない、調べない」では、盲信・思考停止です。
まず、「洗脳されている」と自覚できるかどうか、が洗脳から抜けだす鍵です。
 本当のことを知りたければ、せめて
War Guilt Information Programや3S政策は、知っておいたほうが良いです。
こういう大事な事を学校できちんと教えないのは大問題ですが、中央メディアと同じく教育も支配されていますからね。
※添付の写真の「42万人死亡説」も典型的な洗脳情報でしょう。


戻る