医療崩壊が起きる理由 そもそも・・

2020-04-26 | その他

 以前、私自身がインフルエンザと思われる症状だった時、病院に行かず、家で寝ていました。行けば感染を広める可能性もあるし、寝ていれば治る=そもそも行く必要が無いからです。
 新型コロナも重症化しない限り、病院に行く必要がない、行かないほうが良い、と書きました。同じ理由です。行けば感染を広める可能性があり、すでに医療従事者の方々がそうなっています。免疫力・自然治癒力が保たれている人なら、自然に回復するでしょう。

 政府の間違った方針、マスメディアの報道が、悪循環を招いています。共に、1日50人以上亡くなっているインフルエンザよりずっと少ない死者なのに、新型コロナだけ異常な取扱いをすることで起きていることです。
この問題に限らず、そもそも根本的な考え方が間違っていれば、良い方向にいくはずがないのです。

 以下、米田髙宏医師の投稿です。
「医療崩壊は当たり前です。PCR検査陽性というだけで無症状の患者を入院させているからです。季節性インフルエンザの患者を軽症者まで全員入院させたらどうなるか、、同じことです」

 ある病院の看護部長のお話
「医療を、崩壊やら何やら取り立てて報道しないで欲しい、そっとしておいてほしい、、。
私たちは粛々と現場と向き合うだけなんだから、病院に勤めているというだけで、バイキンのように言われたり、家族とも距離ができてしまったり、本当に悲しい」

 世の中、「そもそも」だらけです。
テレビ・新聞だけの情報しか見ないのは危険です。

そもそも、外出自粛が良いのでしょうか?
「自宅に3週間こもり続けた女性が新型コロナに感染」

そもそも、PCR検査、信用できるのでしょうか?
「PCR検査は普通のコロナウイルス(風邪)でも「陽性」になる!」

そもそも、中国製の使い捨てマスク、大丈夫なんでしょうか?
「中国製マスクから基準を上回る発がん性物質」

そもそも、頻繁なアルコール消毒、良いことなんでしょうか?
「世界中で拡大する大規模な消毒剤の空中散布や、日常的な手の過剰殺菌により、人類の健康状況は終末の局面に至ると予測される」
「手の過剰な殺菌は有害」
「スペインでは、消毒活動と同時に、
・都市封鎖
・外出禁止
・店舗の閉鎖
なども行っていますが、すべてにおいて意味がない」

戻る