全てはヒトの免疫力の低下が原因

2020-04-30 | その他

 元京都大学教授・野村隆哉先生の記事をご紹介します。
 やはり、今の日本は間違った方向に一丸となって進んでいるように思います。
自分の頭で考え、同調圧力を打ち破り、悪循環を断ち切り、命や街・暮らしを守りましょう。

 以下、4月22日の野村先生のフェイスブックの投稿です。
『現代医学の無能ぶり、混迷の極みにあることが見て取れる。これに加えて、国家を担う政治家たちが、全くの無知、文盲の輩の集団であること、マスメディアも単なるアジテーターに終始し、メディアとしての公的な役割を何ら持っていないことが明確になった。私がこれまで述べてきた「新型コロナウイルス対策への緊急提案」をもう一度読み返して頂き、多くの人々の声を結集してこれまでの無駄で無能な対策に終止符を打つべきだろう。このままの対症療法では新型コロナウイルスに天文学的数字の変異種を作るチャンスを与えるだけで、たとえ収まったとしても、変異ウイルスの突然の出現でパンデミックが再現されることは間違いない。全ては物質文明がもたらしたヒトの免疫力の低下が原因である。』

『天然自然のものは長年かけてウイルスや菌に対して免疫力を高めてきたのである。これまで、牛の口蹄疫、豚コレラ、鳥インフルエンザの対処の仕方を見ても分かるように、何万頭、何万羽のいのちを殺害することでその場しのぎやってきたが、今回はいよいよ人間に回ってきたようだ。
私達のいのちをことほぐ牛、豚、鶏たちを他人事のように無視し、粗末に扱ってきたことに対する自然の、八百万の神の鉄槌と考えなければならない』

『480億円もかけてマスクを配るという愚行の代わりに、日本中の炭焼きさん達にこの資金を回し、失業者に給付し炭焼きを手伝わせることで、全国の竹林で竹炭を焼き、竹酢液を作ることで一次産業の活性化と合わせて新型コロナウイルス対策が出来る』

『世界中の竹林の有効利用につながるばかりか、多くの人々の雇用創生、新型コロナウイルス撲滅の手立てを立てることが出来るでしょう。』

『現代の日本人の多くは、病的なまでに清潔を意識し、大量の塩素殺菌剤を消費しているが、これと反比例で免疫力は低下していくから、近い将来途方もない病害に見舞われることが予測される』

戻る