コロナのせいではなく、人災

2020-09-22 | その他

 添付は、安松様が私の投稿を共有する時に書いてくださった投稿です。
生まれた時から、母親、家族、周りの人全部増す苦だらけという酷い環境で育つ赤ちゃん。
 コロナ茶番を創作して、恐怖を煽り、不自然で危険な対策をやらせるマスコミ・政治家・行政は加害者です。
 
 今の日本は、長いものに巻かれた大人が赤ちゃんや子ども達を犠牲にして苦しめています。
 私が高齢者なら、「高齢者のために今のような馬鹿げたことを赤ちゃんや子どもや学生に強いるのはやめてくれ」と言います。今は、赤ちゃんや子ども達を一番犠牲にして、高齢者も犠牲にしています。

 私からも馬鹿げた過剰対策・不自然なあほらしい生活様式は即時やめていただくようにお願い致します。
 私の店も危険でおかしな対策は一切行っていませんが、このようなお店が増えると良いと思い、以下にご紹介します。素晴らしいですね。
 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 
【お客様 】
「月の砂漠」の感染対策をご説明申し上げます。
感染急性期の頃はおでこに当てる体温計や消毒液確保に夢中になりました。
しかし、その後、色々勉強しまして……以下のように方針を変更しました。
1)店頭での体温チェックはしません。
お客様の社会人としての自主性を尊重いたします。
熱や咳のある方、体調不良の方は、弊店への来店のみならず〈外出自体をお控えください〉
2)店頭に手指消毒液は置きません。
皮膚を守ってくれている「常存菌」まで殺してしまうからです。
清潔なおしぼりを差し上げます。気になる方は、お食事前に、洗面所の石鹸で手指を洗ってください。
3)マスクは入店前に外で外してビニール袋に入れて保管してからご入店ください。ビニール袋のない方は差し上げます。店内では、マスクはしないで「咳エチケット」のみご協力ください。
4)お食事中の換気は、クーラー、扇風機、窓の解放などで行います。
入口にポスターは貼りません。
貼ったからといって、新コロがいなくなるわけでないし、池袋の街中は、小さな子どもに言って聞かせるような、このようなパフォーマンスポスター、広告だらけで、ウンザリしているからです。
また、東京都内においては夜の街の「集団PCR検査」など検査数の上昇に比例して、陽性者数だけが増えているだけで
死亡者数、重傷者数ともに急性期に比べて増えていません。「実行再生数」も0を切っていて拡大どころか、収束に向かっています。
ですから「感染が拡大傾向にある」とする東京都ポスターは、データを事実誤認していると思うので、ポスターは貼りません。
みなさまのご来店を心からお待ち申し上げるとともに現在の新コロ騒動が一日も早く終わることを切に願っております。


戻る