政府による「ただの風邪宣言」が必要

2020-09-19 | その他

 政治とマスコミが、インフルエンザ以下の風邪を恐怖の感染症に仕立て上げ、恐怖を煽り続けている罪は万死に値します。感染者(しかも陽性者であり感染者ではない)情報を流したことが差別・自粛警察・マスク警察の原因です。インフルエンザで感染者の情報など流さないでしょう。

・政策・報道が間違っていたこと、大迷惑・大損害を与えたことに対する謝罪
・コロナ騒動終息&ただの風邪でした宣言
・不自然で危険な感染対策はすべてやめて普通に暮らすように広報する

 マスコミと政治家は、以上3点を行う必要があります。
損害や苦しみを与えた店・企業・人には私財を提供して損害賠償しなければいけないくらいの大罪を犯していると認識してもらいたいものです。

 東国原氏は今まで酷かったが、ようやくまともな発言。ただ、「究極のこと」ではなく、当たり前のこと、ですね。



戻る