残留農薬ポストハーベスト

2019-11-07 | その他

 昨日の記事で「安い肉・お菓子は危険」(輸入小麦の問題)と書きました。
学校給食でこういう危険なものを出しているのは大問題だと思います。
 現代自然派調理研究家 a seed様の以下(フェイスブック)の記事を転載しますので、ご覧ください。
https://www.facebook.com/aseed.jp/posts/3045106225516423

『小麦のポストハーベスト農薬のお話。
 
他の農産物も大体同じような感じです・・・
(レモンなどの柑橘類、バナナ、ジャガイモなど)
  
ポストハーベスト、正しくは「ポストハーベスト農薬」
または直訳すると「収穫後農薬」
  
収穫後に、保存や輸送中に 虫やカビががつくのを防ぐために散布される殺虫剤等 その他 保管中にも使用される薬剤の「くん蒸」なんてのもされますが 今回は農薬の話。
  
他の国ではあまり聞かないのに どうして日本で問題になっているか??
  
米国から輸入される小麦からは、神経毒性のある数種類の殺虫剤が検出されています。(本来検出してはいけない)
有機リン系殺虫剤のマラソン、スミチオン、レルダン等々
  
この有機リン系殺虫剤は神経伝達を阻害して虫を殺しますが、ヒトも同じ神経伝達物質を持っている為、当然 無関係では済みません。
  
事実 頭痛、めまい、倦怠感、下痢、腹痛、嘔吐、視力減衰などが報告されています。
  
また、免疫毒性もあるので、抵抗力が落ちて病気にかかり易くなったりします。この殺虫剤がまかれていると、3年たってもその小麦についた虫は死んでしまいます。
  
それほど強力。
  
なぜ、このようなことが問題にならないのか?
  
実は 先進国といわれる国で小麦の大部分を輸入に頼っているのは 日本と韓国のみなのです。 
 
どちらも米国に依存度が強い為 文句が言えない(^^;
 
本来 収穫後に農薬を使用する事はNGなはずなのに
検出されると 食品添加物としてOKにしたり 農薬としてOKにしたり 基準自体を引き下げたり・・・
(安全性は 当然人体実験出来ないので マウスでの検証のみ)
  
NGにならないように 上手くやり過ごしていると言うのが正直な所。

 OKが大前提で処理しているのです。
  
元々 戦後 収穫後に撒く農薬に あまり関心が無い頃から使用されていたのですが どんどん輸入量が増え 規制したくても 追いつかない状況に なってしまったと言うのも有るようです。
 
ちなみに 米国内では このような農薬の使い方は禁止。
  
他の国は自給できるから、日本のように船での長距離輸送中の カビや虫の発生など考えなくて良いわけです。
   
この殺虫剤は 後から撒かれている分 濃度が高く 当然 小麦粉になっても移行して来ます。
  
薄力粉、強力粉、天ぷら粉、ケーキミックス、から揚げ粉など、 特にアメリカ産の小麦を主に用いたこれらの粉から頻繁に検出されているのは 紛れもない事実です。
 
そしてまた 残念なことに、それらは学校給食の 食パンにも使用されているのです。
(地方自治体の学校給食会によっては国産小麦粉を積極的に給食に使おうという動きが出てきてます)
  
ちなみにオーストラリアでは かつてすべての小麦に殺虫剤を混入していましたが、この10年で、使用を減らしてきてはいるらしい。
  
もちろん国産小麦であれば、収穫後に殺虫剤を噴霧する必要はありませんが そもそも 全国民の需要を まかなうだけの小麦粉は日本には有りません。
  
そこも問題。
 
また、輸入小麦であっても、カナダ産に関しては残留農薬は これまでほとんど 検出されていないことがわかっています。
 
カナダは冷涼な北回りで運搬し、涼しい北海道に荷揚げしている為に ポストハーベスト農薬を使用しない 若しくは少量で済んでいるのだと思われます。
 
毎日パンを食べる人は 近年増えたので「ポストハーベスト農薬」は大きな問題です。
  
ましてや 学校給食に使用されていると思うと あまり好ましい状況とは思えません。
  
すぐに問題が起きるわけではありませんが 長年の蓄積が 体にどういう影響が出るのかは まだ誰も分かっていません。
 
まとめ
 
輸入食品等には 輸出&輸入する為だけに新たに特殊な農薬が使用されている事実。
そして その基準自体があやふやにされている事実を知って下さい。 
 
私達大人はともかく 子ども達には怪しい物を食べさせたくありません。』

不要で危険なことをわざわざやっている2

2019-11-05 | その他

 先日、農学博士の吉田俊道さんのお話を伺ってきました。吉田さんは、元氣野菜作りをしながら、全国で講演をなさったり本も出版、新聞に連載をしたりなさっています。
 お話の中で、「農薬や化学肥料・除草剤を使うと菌が殺されて減るので、病氣の原因になる」と仰っていました。写真の記事のように、心の病氣も食べ物が原因となっていることがあるのですね。原因を取り除かずに、クスリで心の病が治るはずもなく、クスリ漬けになる悪循環になっている人がたくさんいます。
 現在の日本は、医療・土木・エネルギー・食などあらゆる分野で、やらないほうがいいことをわざわざお金と時間、人の労力を使ってやっていることが多過ぎます。それにより問題が発生し、その解決策も小手先のものや対症療法が多く間違っているためにドンドン悪循環となります。
 台風19号の被害が大きくなってしまったのも、間違った土木行政が招いた人災の部分が大きい、と高田造園の高田宏臣さんも仰っています。

 フランスではこんな動きがあるようです。
「パリなど仏5都市、農薬の使用を禁止」

 今の日本は、様々な分野で世界とは逆行する政治・行政が行なわれているということを知っておく必要があり、その上で日々の選択をしないと家族が守れなかったり、日本の社会も良くなっていかないと思います。


不要で危険なことをわざわざやっている 検査

2019-11-04 | その他

 昨日に続き医療のことでもう一つ検査についてです。
 日本だけでやっているらしい人間ドッグ、私は行ったことがありませんし、危険なので一生行くこともありません。
検査は一部必要なものもありますが、私たちのためではなく、お金・利権が目的となっているものが多いです。

以下、中村泰士さんのフェイスブックの投稿です。

『年間1000万人が受診する「バリウム検査」は、1回の検査による放射線被曝量が最大13.4ミリシーベルトに達する被曝… 検査で「ガン」にさせられ、効かない高額の「抗ガン剤」を売りつけられ、死に追いやられる無知な患者たち… 無駄な検診と医療被曝させる巨大利権で荒稼ぎ…

【 胃がんの99%はピロリ菌原因 バリウム検査での発見率は低い 】

厚生労働省は、来年度からの胃がん検診に、これまで唯一推奨してきたバリウム検査に加え、初めて内視鏡検査を「推奨」することを決めた。

実はこの背景には、同省や関連組織が長くバリウム検査だけを推奨してきたことに対する現場の医師や患者団体からの強い不満と疑念があった。

バリウム検査による集団胃がん検診は、全国で年間1000万人が受診しているとされる。しかし、実際には技術は古くてがん発見率は低く、しかも事故が多く受診者を大きな危険に晒すものであると専門医たちは口を揃えて批判する。

検診機器に挟まれる、あるいは固まったバリウムにより大腸に穴が開くなどの事故で、死亡例も多数ある。

この問題を初めてメディアで発表したジャーナリストの岩澤倫彦氏は、このほど上梓した新刊『バリウム検査は危ない』(小学館刊)で、専門医、検診関係者らに幅広く取材している。

専門医のひとりは、こう言い切った。

「医者でバリウム検査を受ける人間は僕の知る限りいません。内視鏡のほうが何倍も胃がんを発見できることを知っていれば当然ですよ。僕ですか?ピロリ菌未感染なので、胃がん検診は受けていません」

事実、医学的には胃がん患者の99%はピロリ菌感染が原因と証明され、この感染の有無と胃粘膜の萎縮度を示すペプシノゲン値を組み合わせた「胃がんリスク検診」を集団検診に採用すれば、胃がんの発見率は3~4倍に向上し、検診および治療にかかる医療費は5年間で4200億円も削減されるとする試算がある。

内視鏡技術も日進月歩だ。日本人のピロリ菌感染率は4割程度と推定され、6割もの人が、不要で効率の悪い検査を毎年受けていることになる。

しかも、バリウム検査は大量被曝という問題もある。最低8枚のX線写真を撮影するだけでなく、撮影の合間にも胃の状態を「透視」するために放射線を浴び続ける。1回の検査による被曝量は、実験によって最大13.4ミリシーベルトに達することが判明した。

放射線被曝が100ミリシーベルトを超えると、がん発症率が上がることが知られており、これだけの被曝量の検査を毎年受けていることは大いに問題がある。

世界で最も権威ある医学雑誌「ランセット」に発表されたオックスフォード大の研究では、75歳以上でがんを発症した日本人の3.2%は医療被曝が原因だとされている。

それでも、先進国でいまや日本だけというバリウム集団検診制度が改まらないのは、巨大な利権があるからだ。

国立がんセンターや集団検診を行なう地方自治体からの天下り組織となっている日本対がん協会と全国の傘下組織が検査を推奨・実施し、メーカーや医者・病院も潤う。

その巨大な公共事業に投入される税金は年間600億円に達する。

かつて血液製剤によるC型肝炎感染の実態を暴いて新聞協会賞、米・ピーボディ賞を受賞した岩澤氏らの追及により、「検診ムラ」の利権がついに崩れ始めている。』


戻る