肌感覚

2020-06-29 | ほさか式幸せ生活

 添付の写真は、「やさいのおすし」で有名な奥秋さんが、開催中の「伝統の暮らし展 / 日本の夏・納涼展」に来てくださり、麻の服(シャツ・ジャケット)を試着してくださった時のものです。
試着してすぐに
「驚きました。細胞に響きますね。やはり何を身に着けるか、というのはとても大切だと再認識しました」と購入してくださり、麻の日傘も、「差すと空氣が違いますね」と仰っていました。
 後日再び来店され、麻や和紙の寝具を選んでくださり、仰っていたのは、
「着てみて、麻の服はエネルギー(波動)が全然違いますね。身に着けるものはエネルギー変換装置なんですよ。昔の人はみんなそれを知っていた。当たり前すぎて、言葉にはしなかったと思いますけど。」
「今は食べるものが添加物などおかしくなって、正常な感覚を失くしている人が多い。軸がないから。コロナのことでも不自然なことをおかしいと感じられなくなっているんじゃないですか」
「衣食住、ちゃんとしていれば正常な感覚が備わるのですけどね」
「コロナ騒動は、仕掛けた側の人達(ワクチン打たせたい人達)も「こんなに簡単にみんな言うこと聞くんだ」って驚いているんじゃないですか」
と仰っていました。

 今までコロナのことで私自身も数字や科学的なこともご紹介してきましたし、「科学的な根拠を示せ」ということが一般によく言われますが、それよりも「肌感覚」や「現場・身の回りで感じたこと」がより重要だと思っています。
「インフルはかかった知り合いが何人もいるけど、周りに一人もコロナに感染した人がいない。やっぱおかしいですよね」
「インフルエンザワクチンを打った年だけインフルエンザにかかった、という話を複数の人から聞いた」
「過剰な自粛や対策で困っている人がたくさんいるけど、新聞の死亡欄は全然死者が増えていない」
「コロナの被害よりも、心が被害を受けている。これが一番怖い」
「ビニールやアクリル板を見ると嫌な氣持ちになる」
「フェイスシールドなんてそこまでやる必要ないでしょ」
「餌をもらっている家畜みたいで、かわいそう。(枠で囲われ、おしゃべり禁止で給食を食べる生徒を見て)」
「マスク(増す苦)はつけたくない」
「周りに支持している人が一人もいないのに、内閣支持率が4割を超えていたのはおかしい」
などの感覚や事実、心の声。

 家はビニールクロス、家具も化学塗料、玩具や器や箸はプラスティック、服も化学繊維、寝具もウレタン、食べるものは添加物・遺伝子組み換え、お茶も化学肥料・農薬、調子が悪いとすぐクスリ。昔は全部なかったものです。
 本当に国民の健康や命を守るなら、不自然でおかしなコロナ対策をやめて、上記をやめるほうがたくさんの命を救えます(この考えも肌感覚です)。
 化学物質だらけですから、「肌感覚」が衰える、「感覚が麻痺する」のも、年間約37万人が癌で亡くなる、のも当然でしょう。
病氣になるべきしてなっています。
科学的にも肌感覚としてもおかしいコロナの過剰対策により病氣の増加が加速されるでしょうから、「おかしな対策はやめよう」と投稿し続けているのです。

 簡単・便利・速効性・安さを訴求したり、恐怖や不安を煽ることで大企業が儲けるための情報(除草剤・ワクチン接種の推奨など)よりも、自分の感覚を信じ、心や體(からだ)の声を聴く、本物を選択すること。それらを優先して判断・選択の基準にすることが、健康に幸せに生きるため、日本を元氣にするために大切だと考えています。


免疫力>おかしな(新しい)生活様式

2020-06-13 | ほさか式幸せ生活

 昨日、コロナ以外の死因のほうが桁違いに多いから、コロナ以外の病氣対策のほうが重要という記事を挙げました。
 本業の店でもお伝えしていますが、どんな病氣に対しても最も大切なのは、
「免疫力・自然治癒力を高く保つ」です。普段の生活がきちんとしていれば、何も怖がる必要はありません。
 この当たり前のことを政治も行政もマスメディアも忘れています。免疫を下げるような不安を高めて恐怖を煽る報道をいまだに続け、常時マスクとか社会的距離とかビュッフェ駄目とかおかしなことばかりやっています。
 接触をさけてファーストフードでドライブスルーなんていうのは本末転倒の典型ですが、車の行列ができていたので驚きました。
免疫力高>マスク・社会的距離・3蜜・過剰自粛・ステイホーム・ワクチン・クスリなど
〇楽しく美味しく店内飲食>ビュッフェ駄目(そもそも意味不明)
〇温泉入る>温泉閉鎖
〇朝日を浴びる>家に篭る
右の駄目なことばかりやってきましたね。
「添加物満載のテイクアウト」よりも「安全な食材のビュッフェ」のほうが危険が無いのは当然ですけれども。
うちの店では(著書でも)、
〇安全な本物>危険な安物買い
と「危険な安物買いのほうが高くつく」ことをお伝えし続けてきました。
健康が一番の財産。
今も免疫力を高く保つ品々をご提案しています。

 今回添付した写真は、ちびっこぷれす6月号の裏表紙です。
ちびっこぷれすさんには、雛人形展と五月人形展の時だけ毎年広告をお願いしていたのですが、コロナの影響で広告が激減してしまい、枠が空いてしまったということで、「困った時はお互い様」で初めてこの時期にお願いしました。
フリーペーパーで山梨県内各地で配布されていますので、お手にとってみてください。


依存⇔自立 不自然⇔自然 仮想⇔生

2020-06-03 | ほさか式幸せ生活

 コロナ騒動以前からそうでしたが、コロナを利用して、さらに依存・不自然・仮想へと誘導されています。しかも一時的だったはずが、永続的に。
『コロナ後は「新しい生活様式」が当たり前になる』と受け入れようとしている方が多いようです。
 
ワクチン・クスリ・病院・テレビ・ネット(スマホ・LINE・ZOOMなど)・電化製品(=電氣)などに「依存」

人と離れろ、集まるな、ひきこもり(ステイホーム)、ビニールやアクリル板、フェイスシールド、1日中マスク、テイクアウトしたプラスティック容器をレンジでチン、などの「不自然」
 
ネット飲み会・ZOOMなど「仮想」の推進
 
 これらは、私達の健康や安全、幸福や人間らしい暮らしに繋がるのでしょうか?
 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

以下はオンライン茶会をされた前嶋康太郎様の記事です。
「オンラインで失われているものは何か?」
・におい、香り
・動き(行動、体験)
・音
・間
・リアクション
・稽古中の会話(みんなミュート)
・味覚(お菓子、お茶)
・視覚面積(見てるのは画面のみ)
・視覚クオリティ(不鮮明)
・参加者が何をしてるか不明
・光量
・空気、雰囲気、
・視線
「人の感動できるポイントが、ことごとく奪われている」
とのこと。
 当然ではありますが、「生」から「仮想」に変えることで、失っているものは少なくないということですね。
 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 次の例は、プラスティックや電子レンジへの依存・不自然。


「プラスチック製品が暖められると有毒な化学物質が発生し、様々な疾患を招く原因となる」
「赤ちゃんの玩具にはプラスチックは使わないほうが無難」

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 本当に命が大切なら、効果が疑問で弊害が大きく、おかしな不自然なコロナ対策をするよりも、優先して禁止したり規制を強化すべきもの(除草剤や添加物・トランス脂肪酸・ワクチン・抗がん剤・精神薬・ネオニコチノイド系農薬など)が山ほどあります。
 なぜこういう危険なものが野放しで、新型コロナだけ異様な対策、中央メディアは異常な取り上げ方をするのでしょうか?
 
 以下の動画を見ても、政官が私達の命や健康よりも利権や企業の利益を優先していることがわかります。その姿勢はずっと一貫しており、新型コロナ劇場を利用して、今後ワクチンとクスリが推奨されるのも同じ理由です。
「お茶の残留農薬基準を他国と比べてみた。これでは輸出できない」
 
 まだまだ理想には届かず、できていないところもたくさんありますが、私はずっと自立・自然・生(現場)を大切にする生き方を目指しています。
 昔から、テイクアウトよりも店内飲食をしています(コロナ騒動が起きてからも)し、うちの店にはビニールやアクリル板は設置しませんし、なめても安全なおもちゃや科学塗料を使わない器、無農薬無肥料のお茶をお勧めしていますし、ワクチンも打ちませんし、クスリも極力飲みません。
 完璧を目指すのではなく、できることから始めることが大切だと考えています。


戻る