竹の水筒

2019-10-08 | その他

 以下の記事はフェイスブックの個人のウォールに投稿したら、私にしては珍しく「いいね!」が多かったので、こちらにも掲載しておきます。

 
竹の造形美術家・保坂紀夫は、作品を通して、「天然素材である竹をもっと利用し、活かそう」ということも伝えていました。竹の水筒は、環境にも健康にも良いですね。

【竹100% インドでペットボトルの代替品を発明】

『使い捨てペットボトルに代わる再利用可能な生分解性の竹の水筒を発明』

『竹は絶縁体でもあるため、使い捨てペットボトルよりも水を冷たく保つ。費用対効果が高く、より機能的なアイテムである。
「プラスチックボトルには、鉛やカドミウムなどの有毒物質が含まれています」と、ボトルの販売ページでボラ氏は説明する。「水などを飲むと、有毒元素が体内にたまり、長期的に有害な影響を引き起こす可能性があります」
「我々の竹の水筒には毒性元素は含まれていません。健康そして環境に100%安全です」』

https://www.epochtimes.jp/p/2019/09/46981.html


戻る